サイタ音楽教室ピアノ教室福岡 仁子のピアノ教室 スクールブログ ポーランド・シ...

ポーランド・シレジア・フィルハーモニー管弦楽団お礼とエリーゼ克服

たくさんのご来場ありがとうございました。ブラボーの声もあがり子供たちも

貴重な経験が出来たと思います。今回聴くことが出来なかった方も、次回も

ありますので、お楽しみください!また生徒さん達の励みになると幸いです♪♪


それから’エリーゼのために’を頑張っておられるおじ様!70パーセント弾けるようになられたようです! 速い場所だけが残っていると・・・^^ここの所のアドバイスは、続けて速く弾かず、練習はゆっくりフレーズを細かく分けて切れていないように音を切って、切るたびに力が抜けるように意識して繰り返えしの練習・・・
それが出来るようになると、リズム変えやスタッカートの練習・・・勿論生徒の苦手な出来具合に合わせてですけれど・・・

出来上がりのエリーゼが楽しみです^^桜が舞うようなエリーゼも素敵かもです♪


 

(2016年3月28日(月) 10:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

挙式やレストランでも演奏。性格に合わせた練習法も提案するベテラン

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

小学2年生の発表会で平吉毅州の真夜中の火祭とカノンを素敵に演奏した生徒が、4年生頃から家で全くピアノを弾かなくなったのです。 レッスンには来ていたので、レッスン時間内での練習のみになり、悶々とした期間が続きました。 そこで聴音のレッスンを取り入れてかなりの期間(私が弾く音や、リズム...

私が20代の頃に教えた生徒が、自分の子供を連れて習いに来ました。 その子のお母さんの子供の時にそっくりな可愛い女の子(笑) 暫くレッスンをしている内に「先生どうしたんですか?昔はあんなに厳しかったのに!!!(笑) 歳をとったのでしょうか(笑) それもあると思いますが...

発端は、1600年代後期、オスマン帝国が2度のウィーン包囲をした際にオスマン帝国軍精鋭軍隊イェニチェリに随行した「メフテル軍楽隊」にあるらしいです。 モーツアルトのトルコ行進曲は、有名で好きですが、トルコ出身のファジルサイの演奏するトルコ行進曲も素敵に編曲しています。 h...

ある全国版ファッション雑誌の方から広告を出さないかとお声をかけていただきました。 2021年出版 ,,素敵なお教室,, 多分関係者の方々が拝見してくださったのだと思います。 ある時期数日で何百件とアクセスがあり、数カ月経ってご連絡をいただきました。 光栄なお話に感謝申し上げ...

勿論、生レッスンが良いのですが、違う視点から観れて勉強になっています。 低学年の生徒たちは、弱点と、長所が浮き彫りになりました。より、客観的にご家庭での姿が観れたからでしょうか? 新たな私の課題です❢ こんなに解っていなかったことと、こんなに素敵なところの発見! これか...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ