全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室 ドルチェ スクールブログ 「緊張する」と...

「緊張する」と「あがる」の違い その2

どうしたら、発表会などで緊張せずに
楽しく演奏ができるでしょう?

①とにかく練習
ほぼ完璧に演奏できるまで練習をする。

練習でいつもミスをするところは
本番でもミスをしてしまいます。
無理して速く演奏する必要はありません。
ちゃんと楽譜を理解して
自分の決めた速さで、演奏できればいいのです。

だいたいでかまいません。
練習スケジュールを決めて
本番の1ヶ月前には曲が仕上がって状態に
すればいいのです。

②自分の力を信じる

練習でここまでできたのだから
本番もうまくいく!!

本番では、練習の7~8割ができればOK!
私は上手!!
私は、大丈夫!!

こんな感じで、自分にいいきかせるのです。
暗示させ、メンタルの強化です。

家族や周りの方に言ってもらうのも、効果的です。

①で「ほぼ完璧に」という表現を使ってますが
スケジュール通りいかなく
本番までに理想の演奏ができないことも
あるかもしれません。

そんなときは、いまできることができればいい
たのしんで演奏ができればいい

と自分にいいきかせるのです。

③ネガティブ発想をやめる

普段からネガティブ発想をしがちな方は
家族や周りの方にもお願いして
ポジティブな発想にきりかえてみましょう。

最初は難しいかもしれません。
けど、大丈夫!!

少しずつ、気持ちが楽になると思いますよ。

ネガティブ発想をしがちな方は
責任感の強い方、完璧主義の方が
多いのかもしれませんね。

「~~しなければいけない」が口癖の方も
いるかもしれません。

発表会の選曲は
みなさんがあまり知らないものにするのも手です。

有名ではない曲の場合
一般のお客様は
間違えでもあまりわからないものですよ。

ちょっと長かったですね。
以上が私の経験によるものです。

少しでもみなさんのお役にたてると
幸いです♪

次へ続きます

 

(2016年2月28日(日) 8:51)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リトミックアシスタントや演奏者としても活躍!楽典の早覚え法も伝授

ピアノ教室 ドルチェ
大河原ゆうこ (ピアノ)

新橋・品川・池袋・秋葉原・神田・有楽町・御茶ノ水・市ケ谷・群馬藤岡・高崎・高崎問屋町...

ブログ記事 ページ先頭へ