全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室愛知 徹ジャズピアノ講座 スクールブログ リズムについて...

リズムについて(左手のタイミング)

さて二年目に突入しました。
歳とると時間の経過が早く感じるのですね。
さて、今年は何を書きましょう?理論が多くて嫌気がさしてきた方も多いのではないかな?と思いますが、ここはご辛抱願います。
何の基礎もなしに閃きで天才的なピアノ演奏ができるでしょうか? いるかもしれません。私は知らないのですが、でもね何の基礎もない人たちにはそれは無理な話でしょう。
しかし、人間はそのような神憑り的はことを望むものです。
私がそうでした。 ビル・エバンスが乗り移らないかな・・・・と 考えることしばし。
そんな妄想をしながらひたすらピアノの前に座り、悩みながら弾いていたものです。それは今でもそうですが・・・・・

今年最初のテーマはバッキングの基礎編でいきましょう。
これ実は自分でも深く考えて演奏していなかったことです。
ビッグバンドの楽譜は指示がありますので、基本それに準じますが、中にはコード進行のみしか書かれていない楽譜もあります。
こんな時、どのタイミングでコンピングするか? とか、コンボバンドでのソリストのバッキング、自分のソロの時、左手の弾くタイミングをどうするとかがわからない人も多いと思います。

オンタイムに(1拍目と3拍目)では面白くなし、ジャズぽくもない、ではどうするどうする?
私自身とかく、八分遅らせか先取りが多かったようにも思いますが、曲のテンポにもよりますが、基礎編では4パターンを自分でも反復練習しながらやろうとおもます。
ジャズでは非常に重要なピアノ伴奏の基礎でもあるので、今回はリズムの基礎にまず戻りましょうと考えたのです。
これも、練習あるのみ!!
さて、第一、オンタイム(一拍目)は省くとしますが、これでも十分だという方はそれでいいでしょう。さらにジャズぽくするためには
第二は2拍目に入れる。
第三は2拍半目に入れる。
第四は4拍目に入れる。
第五は4拍半目に入れる。
これはいろんなパターンがありますので、基本をまずは覚えて、あとは応用ということになります。
この組み合わせでグーットジャズポイバッキングになると思います。
4ビートではシンコペーションさせると八分音符の二つ目にアクセントをつけます。
そのため、どうしても裏拍(四分音符を八分に分割すると二つ目の八分音符)の強調を優先させるのです。

初心者はどうしても右と左手が同期します。この同期を左手だけ先取りしたり、遅らせるのが大変です。
これは練習しかありませんね。
自分で楽譜に書いて右と左手の弾くタイミングを覚え、体に染み込ませるしかありません。
私も今年は基本に返って練習します!!

 

(2016年1月16日(土) 10:42)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズ好き必見。楽譜の読み方~アドリブ技まで楽しく身につくレッスン!

ブログ記事 ページ先頭へ