サイタ音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室~peu a peu~ スクールブログ バリへ

バリへ

寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか?


私は日本を脱出し、バリ島へ行ってきました。

暖かくて風邪もすっかゆ治りました





最終日、芸術の町ウブドで観たバリ舞踏、ガムラン音楽に魅了されました。


ガムランとは打楽器の合奏を意味し、インドネシア語でガムル=“たたく”が語源になっています。




リズムに特徴があり、一定のリズムを繰り返したり急に変拍子になったりします。

楽器はバリの果物や草木を利用したものを用います。



エキゾチックな雰囲気は2つの音階より成り立ちます。
・ペロッグ音階
→沖縄音階に似ている
・スレンドロ音階
→ヨナ抜き音階に似ている


さまざまな要素が混ざって、神秘的な音楽になるのでしょうね(*^^*)



歴史ある音楽なのに、現代音楽そのものの斬新さがあるように私は思いました。




食べ物はミーゴレンスペシャルがオススメです。



バリへバリへバリへ

(2015年12月15日(火) 15:43)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ラテンバンドでも活動!あなたの興味を大切に育てるサポート

ピアノ教室~peu a peu~
江尻明日香 (ピアノ)

恵比寿・渋谷・池袋・都立大学

ブログ記事 ページ先頭へ