全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室 アッカピアノサロン スクールブログ ピアニストも体...

ピアニストも体幹を鍛えるんです!

皆さん、こんにちは。
アッカピアノサロン、コーチの斉藤です。


皆さん、ピアニストとスポーツってあまり関連性がないと思ってないですか?
実は大ありなんです。


ピアノを弾く時には必ず椅子に座ります。
椅子に座ったら、左右の坐骨がバランス良く椅子についているか確認します。
次に両足がしっかり床についているかも確認します。
両足がしっかり床についているのを確認したら、背筋を伸ばして肩甲骨を引き締めて、胸を張ります。
これがピアノを弾く上でもっともいい姿勢と言われてます。


そして、この姿勢を維持しながらピアニストは何時間も演奏しますが、演奏するには何十時間、何百時間の練習が必要です。
当たり前ですが、何百時間もこの姿勢を維持するのはとても大変です。
じゃあ、この姿勢を維持するには?
そうです、体幹がしっかりしていないと維持できないんです。

一流のピアニストで猫背で演奏する人ってあまり見かけませんよね(グレン グルドを除いて)。
綺麗な姿勢をとると、音も綺麗な響きになって、何時間弾いてても疲れないんです(肩凝りだけはしょうがないですが)。

先日某鍼灸院の先生が、ピアニストの背中の筋肉はスポーツ選手並みと新聞に掲載しておりましたが、
その通りだと思います。
余談ですが、私ゴルフやるんですけど、普通の人より飛距離が長いんです。きっと背中の筋肉がしっかりしてるからなんでしょうね。
背筋と体幹。とても重要な役割を果たす部分ですね。


秋も、もう直ぐです。
食欲、芸術、読書もいいですが、体幹を鍛えるのもいいですよ。
体幹の鍛え方には色々な方法がありますので、自分に合った方法で行ってくださいね。
姿勢だけでなく、ダイエットにもいいそうで〜〜す。  ♪♪♪♪












 

(2015年8月27日(木) 14:52)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

聖歌隊で伴奏および指導を担当。はじめて~音大受験まで丁寧にレッスン

ピアノ教室 アッカピアノサロン
斉藤博子 (ピアノ)

品川・恵比寿・渋谷・代々木・秋葉原・田町・下北沢・都立大学・田園調布・駒沢大学・銀座...

ブログ記事 ページ先頭へ