サイタ音楽教室ピアノ教室群馬 ピアノ教室 ドルチェ スクールブログ 演奏を録音して...

演奏を録音してみる

ピアノに限らず、どの楽器にも共通して言えることですが
自分の演奏を録音してみると、とても勉強になります。
客観的に聴くと、驚くほど上達します。

録音は、本当に正直。
テンポ、強弱、曲想・・・すべてがきれいに録音されます。

上手に演奏できていると思っても、そうでもないこともしばしば。
全然うまく弾けないところがいやなほどわかり、ショックを受けることもあるかもしれません。

でも、いいんです。

いま、どのくらいのことができているのかを把握するための録音です。


私の周りでは、これを「ショック療法」という方もいます(笑)。
録音を聴いて、今の状態を受け入れて、気合を入れて練習するからだそうです。

メトロノームを使いながらの録音、片手ずつの録音でも全然OK。
すぐに消去せずどんどん保存していくと、上達していく過程を実感することもできます。

今は、レコーダーがなくても、スマホなど携帯電話で録音ができます。
アプリを使うのもありですね。

従来の携帯電話と比較して、音もとてもきれいですし
パソコンにもダウンロードしやすくなっています。

演奏会や試験など、目標があり練習する方は、ぜひやってみてください♪

参考までに、写真は、私の愛用レコーダーです。
長年使っていたケンウッドは故障してしまい、現在はオリンパスのものです。
イヤフォンなしで、録音後、すぐに聴くことができます。

演奏を録音してみる

(2015年8月25日(火) 0:27)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

リトミックアシスタントや演奏者としても活躍!楽典の早覚え法も伝授

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

みなさまこんにちは。 ピアノ教室ドルチェのブログへようこそ。 新学期が始まり もうすぐゴールデンウィークですね。 社会人の方ですと 最近は、4月中旬や5月異動があったりと 以前と変わってきましたね。 ということで、新生活が落ち着くのも その分あとになってきますね...

みなさまこんにちは。 久々の更新です。 ピアノ教室ドルチェのブログへようこそ。 まだまだ寒い日が続きますが 実は、もう、暦の上では 春が近づいています。 学業やお仕事など 様々なことで環境のかわる時期ですね。 何か、新しいことに チャレンジしたくなる時期でもあ...

ピアノが弾けることが必須だったり 弾けると有利になる職業があります。 例をあげてみますね。 ・保育士、幼稚園教諭 ・小学校教諭、中学校教諭、高校教諭 ・特別支援学校教諭 ・福祉施設職員など ピアノが苦手だから、という理由で 進路をかえる方もいらっしゃいます。 でも...

お子さんのレッスンでは 年齢や月齢によって、工夫しております。 例えば、こちらの写真のくまのぬいぐるみ。 ・ピアノの横におく ・お子さんがハグなどして静かな気持ちになる  心が落ち着く ・お子さんと講師の会話に使うなど コミュニケーションツールとして使っております。 ...

レッスン会場を選ぶ際の 参考にしていたたければと思います。 ・バンド向きの会場 グランドピアノやアップライトピアノはなし 鍵盤楽器は電子ピアノやキーボードのみ ピアノ専用椅子なしというパターンが多いです。 お部屋自体の料金が低くても 電子ピアノなどの使用料金がかかることも...

ブログ記事 ページ先頭へ