全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室愛知 徹ジャズピアノ講座 スクールブログ コードについて...

コードについて!

以前、コードネームについて投稿していますが、皆さん、読み方はもう覚えていただいたでしょうか?
ジャズ、ポピュラーの楽譜にはメロディーとコード表記しかないと書きました。
そこで書いた以外にもコードの種類がいくつかあります。今回はそれを覚えていただこうと思います。
長和音、短和音はCメジャー(CM7とか C6,C7)とCマイナー(Cm6,Cm7Cm7(b5))など書きましたね。
そのおさらいと新たに追加するコードネームとその構成音について説明します。

1.長和音(メジャーコード)はピアノのドから半音ずつ上がっていくすべてのkeyにあります。短調も同じですがあと二つ余分にありますよね!!

C、C#(Db)、D、D#(Eb)、E、F、F#、G、G#(Ab)A、A#(Bb)、Bの12種類
それぞれにできる自然長音階がありますので以前書いた自然長音階を参考にC#(Db)も全て考えてみてください。
コードの表記はC6,C7、Db7、Eb7 と書きます。
2.短和音(マイナーコード)は小文字のmが付きます。
三度上の音を半音下げたものがマイナーになります。
ハ短調(Cm)はミの音が半音下がり(短3度)、そこから長3度上のソで構成されています。
Cm6,7Fm7、Gm7などと表記されます。

ここで、この自然長音階(ダイアトニックスケール)、ドレミファ・・・の各音のインターダルついて説明しておきます。スケールを決めるモノになります。
C,C#は短1度、CとDは長2度、CとEは長3度、CとEbでは短3度となります。このようなインターバルを覚えるんですが、そこはピアノ見ればすぐにわかります。
白鍵、黒鍵、白鍵、黒鍵、白鍵、白鍵・・・と並んでします。

3.長7和音(メジャー7thコード)
Cで書けば、CM7で構成音はド、ミ、ソ、シ(ナチュラルB)です。ドとシナチュラルのシのインターバルは長7度です。
4.属7和音(ドミナント 7thコード)
C7と書きます。 ドミソ♭シが構成音、ドと♭シのインターバルは短7度です。
5.6th コード(メジャー6thコード)
Cで書くとC6 構成音はドミソラです。ドとラのインターバルは長6度です。

尚、マイナーの和音でもこれと同じですから、CmM7、Cm7、Cm6
となります。
6.♭5(フラットファイブまたは、ハーフディミニシュ)
和音の5度を半音下げたコードで主に7thコード、マイナー7thコードに使用されます。
C7(b5)、Cm7(b5) Cmφと書く場合もあります。
7.sus4の和音
掛留和音7thコードの和音の3度の代わりに4度を加えたものがこの和音で5度を省く頃が多い場合があります。
構成音はC7の場合、ド、ファ、ソ、♭シです。
使用され方ではsus4の後に元の7thコードになる。G7sus4 ⇒G7
8.減和音(ディミニシュドコード)
Cdimと書かれます。
構成音はC7であればド以外のミソ♭シがそれぞれ半音下がります。ド、♭ミ、#ファ、ラですね。

コードの転回形というのを少し書いたことがありますが、今回は全貌を書きましょう。
Cであればドミソの三音が構成音で基本形はドミソ、第一転回形はミソド、第ニ転回形はソドミです。
C7なら4音構成なので基本、第一、第二、第三転回形まであるわけです。
この転回形を覚えることは曲の進行(コード進行)やメロディーが下がってきたり、上がったりする場合に4音ボイシングをキープするために
必要な技ですね。

Dimの転回形を見るとこうなります。
①Cdim=Ebdim=Gbdim=Adim これ全て構成音がおなじです。
②C#dim=Edim=Gdim=Bbdim
③Ddim=Fdim=Abdim=Bdim
ということでdimコードはこの三種類覚えればOKということになります。
楽ですよね。
9.増和音(オーギュメントコード)
Caugと表記されます。
構成音は5度の音を半音上げるものです。
Caugではドミ#ソです。
これもコードの転回系で見ると
Caug=Eaug=G#aug
C#aug=Faug=Aaug
Daug=F#aug=A#aug
D#aug=Gaug=Baug
以上4種類を覚えればいいことになります。
しかし、ここで注意!!augコードは7thコード(Caug7等)として良く用いられるケースが多く、上記4種類ではなく12種類ありますのでご注意ください。

補足説明
楽譜によっては上記に書いたコードネームをもっと簡素化した場合もあります。
Cm⇒ C_
Cmaj7⇒CM7⇒C△ CjとかC+7とか書く人もいたりします。
Cdim⇒C゜
Caug⇒C+
など楽譜によって初めて見る記号だということもありますので事前に覚えておきましょう。
随分と多いな、ややこしいなとお考えの方!dimやaugはそんなには楽譜に出てきません。
それに、出てきたとしてもアドリブに悩む必要はありません、一撃必殺法がありますから!

 

(2015年8月8日(土) 10:30)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズ好き必見。楽譜の読み方~アドリブ技まで楽しく身につくレッスン!

ブログ記事 ページ先頭へ