全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室愛知 徹ジャズピアノ講座 スクールブログ ボケ防止にピア...

ボケ防止にピアノ早弾き!?

タイトルとは真逆ですが、講座では指一本からの練習になります。

初心者の方へこんなふうに指を使いなさいとはとても言えません。
私自身がそうでした。
でも、練習を重ねるうちに自分でこんな指使いをすれば早く弾けるんだ!と練習した指の形やクラッシックピアノをやっていた人から聞いた話等々を照らし合わせると「合っとるギャー!!」あながち間違いではなかったのだな。と安心したものです。
どうも誰がやっても人間の指の動きは似た様なものです。

定年退職後、シニアの趣味として考え、現在問題化してきている「認知症」にならないために、ピアノを始めてはいかがですか?
と最初考えていました。その通りですが、音楽自体に効果はあり認知症の方へ音楽療法も有効であるとの論文も出てきています。音楽を教えるのとは異なり、参加型のセラピーですが、それに追加してピアノの弾き方も教えたら、ボケ防止になるのではないでしょうか? と いうのが私の考え。
ご賛同頂けない方もお見えになるので無理にと言えません。

若い方たちはもっと多様な価値観に溢れているゆえ、私と同じ年代の方が多分、考え方も等しいのではないかということから考え出したことでもあります。
さりとて、若い人がピアノを練習することはもっといいこと、特にジャズを広めていただければ尚更です。

私自身ボケが来ていたのをピアノで克服したというような話ではありませんのでお間違えなく。
あくまでも予防のためにやることです。


鍵盤の前に「どっこいしょ」と言いながら(歳が歳ですから)座ると、白鍵と黒鍵が綺麗な模様で目に入ります。
規則正しく整列しているのがわかります。
そして、おもむろにドレミファ・・・・と右手で引き出すと、ついつい黒鍵にも指が伸びるのです。
それは、以前から書いているようにブルース(ブルーノート)に興味が出て、自然にミ、ソ、シの♭に指が行くのです。
多分、かなり意識してブルーノートスケールと練習曲、アドリブに集中したのでしょう。

というようなわけで、私のような素人でもそれなりのジャズフィーリングは出せる。
もちろん、スケール以外にジャズではリズムのノリがあります。シンコペーション(切分音)、アンティシペーション(先取り音)などでリズムを感じながらピアノを弾くことが大切です。
これらは詳しく講座でコーチします。

 

(2015年6月24日(水) 17:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズ好き必見。楽譜の読み方~アドリブ技まで楽しく身につくレッスン!

ブログ記事 ページ先頭へ