サイタ音楽教室ピアノ教室愛知 徹ジャズピアノ講座 スクールブログ ピアノを始めた...

ピアノを始めたきっかけ

私の学生時代は吹奏楽でした。そこではSAXを吹いていたので、社会人になりあこがれでもあったジャズビッグバンドに加入したのです。しばらくすると同じ職場の先輩が、君はSAX吹いているらしいが、今度コンボバンドでやる気ない? と 誘いを受け参加することになりました。もう四十年以上前のことです。
その当時は読譜できてもコンボバンドの要、アドリブができないのでした。コード進行に合わせて分散和音や音階という初心者の演奏では聞いてくれる人たちには面白みに欠ける、その時のレコードでよく聴いていたのがバップと言われるジャズの中の一つで、今思えば一番難しい演奏スタイルではありました。しばらく活動しているとピアニストがやめてしまい、急遽私が弾きます!と宣言。こうしてピアノを独学でやることになりますが、これは大変でした。
やはり、ジャズピアノのレッスンを受けようと通い始め、それまでやってきたことが間違いではなかったことを確認、新たに理論なども知識として得たのです。
アドリブはやはり難しいところがありますが、その頃、ジャズピアノトリオのレコードに惚れ込み耳コピーやコピー譜を集めて練習していたものです。この時のトリオは日本でもファンが多いビル・エバンスです。それまで聴いていたバップ系のピアノとは違い、アドリブもメロディアスで聴いていて疲れない、それでいて緊張感のある演奏に惚れ込んでしまい、以来エバンスのCDは欠かすことはできないでいます。
演奏タッチが実に良いのです。ピアニシッモでも鋭くピアノを鳴らし、細かな表現が伝わってくる。
興味がある方は「ポートレイト・イン・ジャズ」枯葉 など聞いてみてはいかがでしょう。
というようなわけで、独学の難しさの経験、アドリブをどうしたら弾けるか? がようやく掴めた今日この頃です。
ひとりでも多くの人にジャズピアノの楽しさをお伝えできればというのが私の思いです。
 

 

(2015年6月3日(水) 15:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ジャズ好き必見。楽譜の読み方~アドリブ技まで楽しく身につくレッスン!

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

久しぶりのブログです。 今、生徒さんへお好きな曲の練習とコード進行(コードの構成音)に関して説明していますが、これが意外と時間がかかります。 私自身は独学の試行錯誤で覚えたボイシングがプロの方によって確認できたことで自信になってはいますが、振り返れば聴いたコードサウンドを自分で確認するよう...

音楽活動、今年はできそうにありません。 区の役員に指名されてしまい、順番とは言いながら区の行事などでも頻繁に会合があるとのこと、二年間のお勤めはでどうもバンド活度は休止せざるを得ない状況になる。 タイミングとしてはちょうどいいのかもしれません。 昨年、ベースとニュゾンでイントロを引く際、...

私の所属している別のバンドのコンサートが12/2にあるのです。 今、そのための練習をしているのですが、この練習方は一曲を時間をかけてというわけにいかないためにサラット練習し、ポイントになるところを重点練習ということになります。 さて、どこのバンドでも同じでしょうが、演奏曲の中でのソロに...

ジャズコンボバンドで「How high the moon」を演奏する場合の話。 市販の楽譜では#一つのkey in G(ト調長)です。 Key in Gのダイアトニックスケール(G、A、B、C、D、E、F#)のダイアトニックコードはG(ソシレ)、Am(ラドミ)、Bm(シレファ#)、C(ドミ...

定期演奏会も無事終了。 ビッグバンドのソロは大抵がワンコーラス以内で短い、その中に自分の気持ちを詰め込んだアドリブをしようとすると難しいですね。 さて、来月コンボバンドでの演奏をするということになりました。 コンボバンドではハーモニーも少ない編成では大変ですし、アドリブソロが取れない...

ブログ記事 ページ先頭へ