全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室大阪 クラシックピアノ講座 スクールブログ ◎マル秘︎練習...

◎マル秘︎練習方法パート1◎

昨夜はすごい大雨で、びっくりして起きてしまいました。笑
雨は上がったようですが、まだ少し曇り空ですね(´・_・`)こんなときにはブログだーっ!!!\(//∇//)\

今日は、生徒さんが一番気になってるにもかかわらず、一番嫌いであろう(笑)【練習方法】についてです!
生徒さんの中には「レッスンに行きさえすれば上手になる」と考えている方が大勢います。もちろん、間違いではないのですが、

①生徒さんが「しっかり練習した成果をレッスンで発揮する」こと、
②そして次に講師が修正ないし肉付けを提案し、
③レッスンで習ったことを復習しつつ練習
* ①に戻る
この繰り返しなんですね、上達する為には。

きっと、学校での勉強もそうだったはず。。ですよね?(^ν^)

さて、話を【練習方法】に戻したいと思います。
いろいろな練習方法がありますが、今回は.........ジャジャーン!!
「両手でうまく早く弾くための練習」!\(//∇//)\ ︎\(//∇//)\

片手づつなら弾けるのに、両手になると弾けない...そんな生徒さんもたくさんいらっしゃるはず。
ズバリ、言わせていただきます。
「ほんっとーーーーに、片手づつなら完璧ですか?目をつぶってでも、寝起き3分後でも、一回も間違えることなく完璧に弾けてこそ、完璧!!!」
なんだか、いじわるな感じになっちゃいましたけど...気にせず行っちゃいます!笑
つまり、片手づつの練習が不十分である、ということです。だらだら練習すると、意味のない時間を過ごしてしまいがちです。キッカリ、回数を決めて練習しましょう。
例えば..
①右手のみ30回
②左手のみ30回
③両手で超スロー10回

騙されたと思ってやってみてください。あれ?こんなに簡単なの?っていうくらい短時間で弾けるようになりますよ!あなたもこの方法で、あのイライラから解放されましょう!笑

 

(2015年6月3日(水) 11:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

子ども~大人も大歓迎!天真爛漫な音大卒コーチが音楽の楽しさをお伝え

クラシックピアノ講座
米田百合絵 (ピアノ)

難波・茨木市・心斎橋・住之江公園

ブログ記事 ページ先頭へ