全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 どれみふぁピアノスクール スクールブログ プレってなーに...

プレってなーにー?

みなさんこんばんは!
この土日はレッスン予定が入っていて、色々な方に会えるのが楽しみな中野朱里です(^_^)

今日はプレ・インベンションというテキストのご紹介です〜。全音楽譜出版社から出ている、ピンクと黄色のツートンカラーが可愛い見た目はかなりポップな楽譜☆写真載せておきまーす。

ところで「プレ」ってなんだと思います?
はい、意味は前、〜の前などです。プレ・インベンションなので、インベンションの前にという意味ですね!(笑)

インベンションは音楽の父とも呼ばれるヨハン・セバスティアン・バッハが自身の息子のレッスン用教材として使っていたもので、右手がメロディー、左手が伴奏と分かれているのではなく、右手も左手も大切なメロディー。ひとつひとつの声部と考え、二声の絡み合いで音楽が進んでいきます。右手と同じように左手にもメロディーが出てくるので、中学生の頃に急に始めた私は大混乱。分厚い解説書とともに声部分け、テーマの印付けなどに追われ、バッハは数学的で難しくて嫌いというイメージがついてしまいました(´・_・`)今ではバッハは偉大であり、素敵な曲がたくさんある事、バッハを演奏する事の大切さを知ったので苦手ですが尊敬しています。(笑)

こんな私のような生徒さんが増えないように、インベンションに入る前の練習曲集としてプレ・インベンションがあります!わたしも中学生の時欲しかったなあヽ(;▽;)ノ

今世の中に溢れている音楽の根本はバッハだというぐらい、バッハの音楽は素晴らしいです。そんな素晴らしさに早いうちに触れる機会を作るためにも、プレ・インベンションやってみませんか?

プレってなーにー?

(2015年5月9日(土) 22:40)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

尚美ミュージックカレッジ出身の先生が、多ジャンルのリクエストに対応!

どれみふぁピアノスクール
中野朱里 (ピアノ)

渋谷・池袋・武蔵小杉・新横浜・都立大学・神奈川・銀座・新宿三丁目・赤坂

ブログ記事 ページ先頭へ