全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室埼玉 幸子のピアノ教室 スクールブログ 大人のための楽...

大人のための楽譜選び

「大人のための~」というピアノ教本がたくさんありますね!

どれを選びましょう?

何を基準に選んだらいいのかしら?

私のお薦め教本は『ド・レ・ミと音名が書いていないもの』です。

五線の音符、分からなくて……と最初から音名を書いてしまうと、楽譜ではなく『文字譜』になってしまいます。

音楽は「音さえ分かれば弾ける」のではなく、音の長さ・高さ・リズム・休符・シャープやフラットの役割・スラーやスタッカートなど、たくさんの要素をトータルで理解することが必要になります。

最初は片手から、そして両手になって…と段階を踏んで読み取ることに慣れていきます。(どうぞご心配なく♪)

ド・ファと書いてしまうと、誰でもその文字しか見なくなってしまいます。

ファ?
それとも、ドファ?
1オクターブ下だったみたい!
えーっと、音の長さとリズムはどうなってたっけ?
しかもファにはシャープがついてるー!
音はつなげる?切る?どっちー?

と、文字を見ることに一生懸命なあまり、文字と五線を行ったり来たり…余計に難しくなります…

文字譜……うーん……これって音楽???

ご丁寧にも、全ての音の音名をずらーーっと書いてある楽譜を見たことがあるのですが(難しめの曲で音の数が多いため、ごちゃごちゃになってました)、とても見にくいし、五線がどんどん不得手になるだけなのに……これは音楽を弾く、というより、ベタベタと読んでるだけ……と残念な気持ちになりました。

最初は難しく感じても、ピアノは『右手と左手の五線の楽譜(大譜表と言います)』が当たり前になると、音符を読むこと、読み取ること、がだんだんスムーズに出来るようになり、音を生き生きと感じることが出来ますよ♪

どうしてもそのような楽譜を使用したい場合は、音名は全て修正ペンで消すことをお薦めします!!(私の友人たち、まわりの講師たちもそうしています)

この一曲だけ弾ければいいから~!と言う方も是非そうしてみてください♪

楽譜の見方のコツは、もちろんレッスンでたっぷりお話します♪♪

美しい楽譜、じっくり観て欲しいなと思います。




そして『楽譜は美しく保つ』のが私のモットーです!!

レッスンでは、キレイな色の付箋紙などを使い、生徒さんの楽譜が真っ黒くならないよう&楽しい気分になるよう、心を配っています。

もちろん書き込むこともしますが、「楽譜を開いた時から音楽は鳴っている」ように感じて欲しいので、たくさんの書き込みが必要な時や、演奏会用の自分の曲はコピーを取り書き込みし(一曲で何部も更新することもあります)、楽譜を汚さない……美しく大切に保つ、ように気を付けています。

作曲家の想いやメッセージが見えなくなってしまうと独りよがりな演奏になるんです……

大切な楽譜ですもの♪

モノクロの世界から色彩豊かな音楽が立ちのぼってくる……想像し観ているだけでアートですよ♪



 

(2015年5月8日(金) 23:03)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

東京フィルハーモニーと共演も。初心者も経験者も、力を伸ばせるレッスン

幸子のピアノ教室
矢崎幸子 (ピアノ)

小手指・所沢・東村山・新所沢

ブログ記事 ページ先頭へ