全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ウォーリーピアノ教室 スクールブログ じめじめ・・・

じめじめ・・・

梅雨らしく、雨がつづきますね。

どうも気分が乗らなかったり、いまいち思うように動けなかったり。

雨はあまり好きではないですな。

この雨、というか湿度。これはピアノにも影響があるのです。

電子ピアノは電気楽器ですから、いつでも同じ音を出しますが、アコースティックのピアノは、天候によって音が左右されるのです!!!

ピアノは、木と金属でできているため、特に木が湿度に微妙な影響を受けるのです。
どんな影響が?といって、みんな同じようになるわけではないので、一言では言い表せないものの、音の響きが変わったり、こもったような音になったり。

そのため、コンサートホールなどでは、絶えず同じ湿度、温度で保管されていますし、プロのピアニストの方も、ピアノの管理には細心の注意を払っています。

あまり過保護にするのもどうか・・・と思う個人的な意見ですが、

それでも、ピアノは生き物、とよく言うように、やはりメンテナンスや管理には気をつけたいものです。

 

(2009年6月23日(火) 19:11)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

海の上のピアニストから習える。お洒落な曲もあなたのものです

ブログ記事 ページ先頭へ