サイタ音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ・コーチング香音 スクールブログ やっぱりドキド...

やっぱりドキドキ??

 みなさん、こんばんは。

 何か新しく習い事を始めるときの初回レッスンって、やっぱりドキドキしますよね。

 私、子どもの頃は、この”ドキドキ虫”のかたまりのような子で、
新しい先生のところに初めて行く時はもちろんのこと、
その後もずーっと、このお腹!?の中の”ドキドキ”が口から出てきそう...
と思いながら、一生懸命レッスンに通ってました。(^-^;

 今はさすがに”ドキドキ虫”は口から出ては来ませんが(笑)、
初めての方にお会いする時には、やっぱり、ほんの少しだけドキドキ...です。

 そこで今回は、この”ドキドキ”対策にならないかな...
と、「体験レッスンはこんな感じ」というお話をしたいと思います。


 ♪曲を準備出来る方は、

─ 以前弾いたことがある曲
─ 今弾いている曲
─ これからチャレンジしてみたい曲 

のいずれかを、(複数でも大丈夫です!)準備してください。
 それを一度弾いてみて頂きます。
それから、みなさんのこれまでの音楽経験などについてお話ししながら、
これらの曲の新たな面を発見し、もっと思うように・楽しく・自由に弾けるように練習していきます。
音楽的な内容だったり、テクニック的なものであったり、
アプローチの仕方は、その人その人で異なって来ます。

 
 ♪今まで全くピアノを弾いたことがない方は、

 基本的に、こちらで準備させていただきますが、
もし、やりたい曲があれば是非!持ってきて下さいね。
 まずは、ピアノという楽器と知り合うことから始め、
その人に合ったペースで様子を見ながら鍵盤に触れていきます。
でも、初回といっても、≪簡単なフレーズを弾けるようになる≫事を目指しますよ!!
頑張りましょうね。!(^^)!


 そして、もし、次のレッスンに来るよ!って決めて下さったら;

 この体験レッスンをもとに、持ってきて頂いた曲を仕上げながら、
同時に新しい曲も導入していきます。
曲のイメージづくりのために、音楽的内容について話しあったり、新しいテクニックなどを練習したりします。これらの曲を仕上げていくのに必要な練習曲や、別の曲を準備することもあります。
実際のエチュードであったり、私が考えた練習法であったり、その都度フレキシブルに対応して行きます。


 以上が、おおまかなレッスンの流れですが、

大切なのは、

─ みなさんの疑問点をあきらかに、
─ みなさんのこうしたい、こうなりたい、をサポートしながら、

毎回のレッスンを、みなさんと楽しく!!
一緒に創り上げていくことだと思っています。

一緒に、楽しく音楽しましょうね。(*^-^*)

それでは、
レッスンでお会いできるのを楽しみにしています。

ピアノ・コーチング香音 加納 佐於梨



 

(2014年11月12日(水) 0:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

武蔵野音大院にて教育法も研究。本場オーストリア仕込みの、確かな技術力

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

 前回、日々の生活の中で感じることを大切にすることが、ピアノ演奏にとって大事なんだというお話をしました。とはいえ、実際にピアノを弾くときにそれがどう関わってくるの?と思いますよね。 ─ そもそも、まずは曲を通して弾けるようになりたい。でも楽譜は読めないとダメ、指は思うように動いてくれないなど...

芸術の秋、読書の秋もたけなわ、 素晴らしい演奏会を聴いたり、思いがけずいい本に出合ったりすると、とても幸せな気持ちになりますよね。 みなさん、いかがお過ごしですか? でも、もう明日から12月ですね。 街のイルミネーション、巷に流れるクリスマスソング、 待ちゆく人の足取りも、心なし...

 みなさん、こんばんは。  何か新しく習い事を始めるときの初回レッスンって、やっぱりドキドキしますよね。  私、子どもの頃は、この”ドキドキ虫”のかたまりのような子で、 新しい先生のところに初めて行く時はもちろんのこと、 その後もずーっと、このお腹!?の中の”ドキドキ”が口から...

   みなさん、はじめまして。ピアノ・コーチング香音;講師の加納佐於梨です。  香音はカノン、佐於梨はサオリと読みます。  コーチング?香音?佐於梨?? ─ クラッシックピアノの難しそうなイメージと相まって、  何だかとっつきにくい感じ...  体験レッスンの申込みすら躊躇しち...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

ブログ記事 ページ先頭へ