全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 Asanomi ピアノ教室 スクールブログ ワールドカップ...

ワールドカップと音楽⁇

今日は日本とコートジボワールの初戦見ましたか??
私は家族でワー!!とかも〜攻めろ〜なんて叫びながら見ていましたよー。
前半よかったのに残念です。最後まで気は抜けませんねーー


ところでなぜワールドカップと音楽が関係あるか?
と言われますとそれは、民族同士の戦いだからです。
音楽特にクラシックはヨーロッパ文化のものです。
私たち日本人は他文化を自分らしく消化して演奏しているのです。
よく食文化にも洋食と言われるように音楽も昔は洋楽と呼ばれたこともあったようです。
ですので、私たちらしく変化するのもいいのですが、
私は曲がどのように作られたか私たちコーチが生徒に出来るだけお知らせするようにしています。
ただ弾くのも悪くはありませんが知ってから演奏するのとは、やはり違ってきますよ。民族でもそうです留学していた時も色々な国の方も演奏もききましたが
同じ曲でもそんなに軽くひけるのか?
と感じたこともあります。
体の大きさの違いでオクターブ(手をいっぱいに広げること)で弾く和音もとても
簡単に弾ける手を
ヨーロッパの方は持っているのですが速く弾くと
手が大きすぎてはずしまくるという現象も!
反対に日本人はちょうどいいので
はまりやすいという利点もありますが、余裕のある音色ではありません、

そうみんな違ってみんないいといいますがまさに、その通り!
私達にも利点も、弱点もあります、それをよく理解して技術でカバー表現でカバーして自分らしい音楽が出来ればと思っています。

日本サッカーも、日本人らしい底力を見せてほしいですね!!




そうそう今日は父の日️でもありましたね
感謝を込めてのケーキです!マッドハッターと言うケーキで
有難う️いいましたよ。

今日は 真面目に語ってしまいました。
それでは今週も頑張ろー

ワールドカップと音楽⁇

(2014年6月15日(日) 23:21)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ドイツ留学の実力はコンクール入選で折り紙つき!とにかく楽しむ上達法とは

Asanomi ピアノ教室
浅海晶子 (ピアノ)

明大前・上北沢・西永福・浜田山・高井戸

ブログ記事 ページ先頭へ