全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 広尾ピアノ教室 スクールブログ 耳コピ☆彡ピア...

耳コピ☆彡ピアノアレンジの仕方♪(その4)

前回は随分と脱線してしまいましたが(笑)
耳コピ☆彡ピアノアレンジにの続きをお話ししますね♪

右手と左手のアレンジがほぼ決定したので、
ここからは仕上げの作業になります。


6、楽譜をパソコンに打ち込む
手書きでも良いのですが、やはり読みにくいので
パソコンに打ち込んでいきます。

私がいつも使用している機材は
アップル社のMacintoshです(^^)/
ソフトはlogicproというものです。


音楽家はやっぱりMacユーザーが多いですね(*^ー゜)

近年、初音ミクちゃんの登場で打ち込みに興味があり、挑戦される方も多いですね♪以前までMacは非対応だったので、Windowsを買われる方もいらっしゃったと思うんですが、
今年の9月に発売されたパッケージでやっとMac対応になりました!
なので、私個人的には音楽やるならMac一択ということでオススメさせていただきます。(回し者じゃないですよー(笑)


このMacに、カシオのキーボードを繋げて打ち込んでます。
もちろんキーボードではなくカーソルで手入力でも可能です。

7、移調する
パソコンで打ち込みの場合は、全選択をして希望の調にカーソルを合わせれば一瞬で終わる作業なんですが、手書きの場合はそうはいきませんね(笑)
調合と臨時記号に注意しながら、1音ずつ移調していってください。

8、記号記入
記号をいれていきます。強弱記号、テヌートなど。
静かな曲調なのであまりforteはいれないように。

9、実演
実際に試し弾きしてみます。音は綺麗でも弾きにくい場合はここで調整をしていきます。

これにて楽譜は完成です。

なかなか文章で表現するのはむずかしいですね。

もっと知りたいなと思った方は、是非レッスンで質問してみてください。
また、体験レッスンも募集中ですので、よろしくお願いしますね♪

 

(2013年10月4日(金) 19:19)

前の記事

この記事を書いたコーチ

多ジャンルの楽曲のレッスンを担当。憧れの一曲~実技試験対策まで

広尾ピアノ教室
山元梨央奈 (ピアノ)

品川・川崎・目黒・恵比寿・渋谷・四ツ谷・市ケ谷・蒲田・自由が丘・銀座・六本木・麹町

ブログ記事 ページ先頭へ