全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室埼玉 ゆう ピアノスクール スクールブログ 楽譜が読めなく...

楽譜が読めなくても、簡単に次の音を鳴らす方法☆

こんにちは(^ω^)☆

秋の童謡を探し、久しぶりの初見演奏♪
集中力が切れてくると、音符を見落としハッ!(◎_◎;)

とまらず流して弾けるのが、初見演奏に大切です。

一つ一つの音を、
「なんの音だっけ?」
と数えていたら、手はとまってしまうし、大変ですよね(^ω^)

そこで、簡単な楽譜の読み方。
(シャープやフラットのついてる曲は最初にチェックして下さいね♪)

楽譜をよく見ます。
今弾いている音符から、次の音符は五線上、上?下?
上なら指は高音の方へ(ド→レ)。下なら低音の方へ(ド→シ)。
一個飛ばしなら、鍵盤も一個飛ばし(ド→ミ)(ド→ラ)。

音符を一本の線で繋ぐと、線が上にいったり、下にいったり。
だんだん上がっていくところ、音を伸ばして切るところ。などなど。
楽譜が絵や図のように見えてくれば、イイ感じです♪( ´▽`)

文字だけの説明で、分かりづらくてごめんなさい。。。(汗)

簡単で、ゲームのようで楽しいので、
楽譜が苦手な方はやってみてくださいね♪( ´▽`)

意味が分からないけど、気になる!という方。
体験レッスンは無料ですので、ぜひ一度レッスンにいらして下さい(^ω^)

ピアノと楽譜と言葉を使って、丁寧にご説明します☆

今日も読んでいただき、ありがとうございます♪( ´▽`)

 

(2013年9月25日(水) 18:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

4歳~大人の方まで指導歴多数。ロック・オールディーズなどライブ活動も

ブログ記事 ページ先頭へ