全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室北海道 エンジョイピアノスクール スクールブログ 雨にちなんで?...

雨にちなんで?作詞家 野口雨情について

最近天気がよく変わりますよね~(>_<)

やっぱり、秋の空って、感じですね…

今日は、数々の名曲を生み出した、詩人の中でも、

野口雨情、が、作詞された曲で

【七つの子】について、ちょっとした笑い話を

書きたいと思います(^_^)ゞ

あ、余談ですが、彼は(野口さん)結構イケメンな方なんですよ。

機会があったら、写真を調べて見てくださいね。

さて、本題に戻りますね!

七つの子の歌詞の、始まりは

♪ 烏(からす)なぜ啼(な)くの

  烏は山に~♪

と、まだ先に歌詞はあるのですが、

皆さんは、この唄知ってますか?( ´艸`)

なんと、まあ、最近の子ども達は、この歌詞を知らないと言って
私にこう言ったんです(笑)

  だって、先生。バカ殿様とかの番組でね、志村けんが
  ♪烏なぜなくの 烏の勝手でしょー ♪
  って、歌ってたよ~
って、言われまして、 

えー??(;¬_¬)それって、違うよ~って、たしかにカラスは勝手なんだけどね…って話たったんですけど、

野口雨情が聴いたら、なんてコメントしてるでしょうね?( ´艸`)

七つの子の意味は、七歳のこどもという説もありますから、

まぁ、間違いでもないよーにも、思いましたけど

正しい歌詞で、まだ先があるので、知らない方はぜひ、調べて見てくださいねφ(.. )

 

(2013年9月25日(水) 12:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

講師歴19年!バンド歴もあるので、多彩な魅せ方について相談できる

ブログ記事 ページ先頭へ