全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室長野 ふたばピアノ教室 スクールブログ ピアノって、ど...

ピアノって、どこに置いてる??

最近では、自宅でのピアノ所有率が本当に高いですよね。
ピアノは本当に身近で親しみやすい楽器、ということなんですね。

ところで、一言でピアノといってもかなりの大きさですし、それなりの置き場所も考えないとなりません。
さてさて、皆さまのお宅ではどこに置くのがベストでしょうか?

間取りや、ご家庭それぞれの事情にもよりますが、私は敢えて「リビング」もしくは、「自分の主たる生活場所」をオススメします!

私自身の子ども時代、ピアノはリビングにありました。
それは、ただ単に場所がなかったから、という単純な理由でしたが(笑)
しかも、ピアノのふたも開けっ放し!!
でもそのおかげか、ピアノに触っている頻度がとっても多かったのです。
練習もですが、レッスンとは関係のない曲を弾いて遊ぶこともしょっちゅうでした。
まぁ、家族にとってはうるさかった・・・カナ?(笑)

現在、結婚や引っ越しをして住まいが変わった今でも、普段家族が過ごしているリビングの延長上にピアノは置いてあります。
(もちろん、レッスンをする時には仕切れるようになっています)
よく、娘のお友達が家に遊びに来るのですが、必ずといっていいほどみんな我が家のピアノを弾いて遊んだり、今習っている曲を弾いてくれたりします。
その子のママさんにそのことをお話しすると、「え~!うちでは全然ピアノなんて弾かないのに!」と驚かれるんですよね。
話を聞くと、やはりピアノは生活スペースとは違う場所に置いているそうです。

音大受験、となるとまた話は別ですが、リビングにピアノ、いいですよ♪
寒い冬でも、リビングでしたら、ピアノを弾くからといって新たに部屋を暖めなくて済むのもメリットですね。

でもほんの少しの注意点として・・・
・ピアノのまわりを雑然とさせない(くれぐれも、ピアノの上が荷物置き場にならないように)
・近所迷惑もさることながら、まずご家族への配慮も・・・。

いつでもすぐにピアノが弾ける環境って、とても素敵で幸せなことですね♪

 

(2013年5月11日(土) 21:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

お子様~大人まで、初心者の指導に定評あり。アットホームなレッスン

ブログ記事 ページ先頭へ