全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室神奈川 まめたにあずさ ピアノスクール スクールブログ ピアノを弾く上...

ピアノを弾く上でのポイント ②指先への意識

皆さん、おはようございます♫
まめたに あずさデス(´∀`*)

今日はとても良い天気ですね!
う~んっ気持ちの良い朝だと目覚めも良いっ(≧∇≦)b

さて、前回、脱力について書きましたが、今回は「指先への意識」です。
なぜ指先への意識が大事なのでしょうか(´∀`*)?

それは・・・


♫鍵盤に触れるのは、指先だけだから
♫指先のタッチの深さで、音色が変わってくるから

です☆


ピアノを弾くときに頭からの指令が指先に伝わる事で、音を鳴らしますが
音を鳴らす土台になる指先がしっかりしていないと、どうしてもミスタッチをしてしまいます。

実際に私もとても苦戦しました。エレクトーンと、ピアノって鍵盤の重みが全然違うんです。
ピアノの鍵盤の重さに最初は指が慣れませんでした。

そんな私が考えた練習法がこちら↓

●スタッカート(音を短く、歯切れよく弾く技法)で音を弾く
●そのとき鍵盤と指先の距離を、できるかぎり保つ※ちなみに私は約1cmと決めてました
●できるかぎり、ゆっくりと一音一音、指を見ながら確認して音を出す


この3点を徹底しました。
今では、この練習法の効果があり、だいぶミスタッチも少なくなりました。
指に腕の重さを乗せて弾くことができるようになったので、
音色の幅も広がったように思います(´∀`*)

皆さんも、もし良かったら、やってみてくださいね☆



ピアノを弾く上でのポイント ②指先への意識

(2013年4月25日(木) 9:04)

前の記事

この記事を書いたコーチ

ポップス分野でも活躍、ラジオ出演も。基礎~弾き語りの相談まで歓迎

まめたにあずさ ピアノスクール
豆谷梓 (ピアノ)

横浜・戸部・上大岡・屏風浦・能見台・横須賀中央

ブログ記事 ページ先頭へ