全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 akkie♪ピアノスクール スクールブログ 音楽で歌うこと...

音楽で歌うことについて(表現法について)☆

みなさんは、歌はお好きですか?

私は、踊ることも大好きですが、歌うことも大好きです(笑)
もちろん、カラオケも大好きです。
歌うことって、とっても楽しくて、ストレス発散にもなるし、
カロリーも消費してダイエットにもなりますよね。

ところで、この歌うこと(歌ごころ)って、
音楽ではとっても大切なことなのです☆

以前にブログに書いた横揺れのリズムのお話にも少し関係しますが、
【一定のテンポの中で、横に揺れようとする気持ち】=【歌ごころ】なんですね。

例えば、ショパンに代表されるロマン派の作曲家の音楽は、
ものすごく、メロディーラインが揺れています。

揺れているけれども、ずれてはいないし、変じゃない。
どこかでつじつまが合ってるんですね。

簡単なようで、とても難しいことです。

これをきちんと分析して法則にしたメソッドがあるんですね。
それを[音楽表現法]というのです。

楽譜を算数のように分析して、一種の法則にあてはめると、
だいたいの歌ごころが、見事に伝わり表現されるわけなんです。

それにはきちんとした発音も必要です。
発音とは何か、というとまた別のお話になってしまいますので、
また今度にしましょう。

今日のお話は、ここまでです☆


音楽で歌うことについて(表現法について)☆

(2012年10月11日(木) 20:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

バンド活動やバレエピアニスト歴も。クラシックもポップスもゼロからOK

akkie♪ピアノスクール
大澤章子 (ピアノ)

川崎・池袋・川崎大師・銀座・新宿三丁目・赤坂

ブログ記事 ページ先頭へ