全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室 アダージオ スクールブログ 秋晴れです・・...

秋晴れです・・・芸術家の一言に学ぶ 

 今日は体育の日。1日さわやかに晴れましたねー
 

 楽譜を持ち歩く立場としては、荷物が重いので雨の日は大

変です。でもつくづくピアノでよかったと思います。楽器は

持ち運ばなくて良いのですから・・・ 
 
 
 さて、またバレエの話でごめんなさい。昨日テレビで世界

的バレエダンサーの首藤康之さんが解説をされていた番組を

見ました。彼のお話の一言一言が丁寧で、やさしく、心に染

み入るものがありました。身振り手振りも交えて・・・   
 人に教えるってこういう事だなーって学びます。

 特に最後の一言が重かったです。

   「テクニックというものは、確固たる基盤であって、

それをなくしては表現は成り立たないということに、   

改めて気づきました」このような表現だったと思います。 


「テクニック」と「音楽性」(バレエの場合は表現)私の子

供のころはこの2つは切り離して考えられていました。

 あなたはテクニックがある。あなたは音楽性がある。よく

先生がそのような表現をされていました。

 現在は、「テクニック」と「音楽性」は両方バランスよく

一緒に育てるようになっています。

 どちらの教授法が正しいかは別として、やはりテクニック

は無いよりは、あった方が自分の音楽性を表現しやすいのは

確かです。

テクニックはやはり毎日の練習の賜物です。

おけいこは大切ですね。

 私も澄んだ音色、柔らかい音にもっともっと近づけるよう

に練習も頑張ります。

 バレエのお話が続いて申し訳ありません。次回からピアノ

のお話をしたいと思います。   
 

 

(2012年10月8日(月) 15:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ミュージカル・バレエ・合唱団など伴奏歴豊富。おしゃべりコンサートの開催も

ピアノ教室 アダージオ
玲実香 (ピアノ)

渋谷・武蔵小杉・溝の口・久地・新丸子

ブログ記事 ページ先頭へ