全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室 ラ・フランス スクールブログ 「弾きにおいで...

「弾きにおいで。」 ~恩師の言葉~

私はこれまで、4人の先生にピアノを教えていただきました。


小学校、中学校、高校、大学
という区切りでどんどん変わっていったんですが


私のレッスンの思い出で
一番暗い時期は「高校時代」です。

あまりにも
行きたい!という強い願いがあったためか

その願いが達成されると



プツッ・・・


とやる気や集中力がきれてしまったんです(。。)

趣味から専門に学ぶことになると
コンクールとか受験のために厳しいレッスンを受けることになるので

レッスンは特別な 少し怖い時間になっていました。

それが
音大付属高校合格によって
私の中で勝手に開放されてしまって

当然
練習量も減り・・・
今までよりもレッスンが苦痛でしょうがない。


うまく弾けないから
レッスン行きたくなくなるんですよね。

先生が嫌いとか
そういう理由じゃなくて。

一週間前と全然変わってない・・・

そんな気持ちがさらに
ピアノから私を遠ざけていたんだと思います。



そんな時
先生から
ホームレッスン(学校外のプライベートレッスン)に呼ばれ


「ピアノ弾きにおいで。」


って言われたんです。


「練習できてなくてもいい。
 先生の家にピアノ弾きにおいで。」


唖然としました。
なんだか心の中を全部、見られていたみたいで
びっくりしました。


それからの私は
好きにはならなかったけれど
レッスンに行きやすくなりました。


先生はなかなか曲を合格にして下さらなくて

どんどん友達と差がついていく自分に
すごく焦りましたが

結果的に
自分のテクニックが一番向上した時期がこの高校時代だったと
今は思います。

大学では、
もっともっと高いことを求められて

良い と 悪い
その感覚さえ
自分にはわからない・・・と悩んでしまうほどでしたが

ちゃんと向き合って
卒業した今

本当に貴重な7年間(高校&大学)だったと思います。



そんな

「弾きにおいで。」

は、今ピアノ指導者となった私も大切にしています。

普段、なかなか練習できない方も
レッスンに…ピアノを弾きに行きたくなる

そんな教室を目指しています!


レッスンは練習の評価をするところではないと思います!

ご一緒に練習しましょう。
どうぞピアノを弾きにきてください♪

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

「弾きにおいで。」 ~恩師の言葉~

(2012年6月13日(水) 21:28)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音大卒・中高の教員免許保有。個人レッスンのほか、演奏ボランティアも

ブログ記事 ページ先頭へ