全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室~peu a peu~ スクールブログ ジャズナイト★

ジャズナイト★



皆様どうもこんばんは☆

雨ですね。
雨にもマケズ、本日はMotion Blue Yokohamaへ友人の笛吹き男爵に連れられ行って参りましたー!

なので本日は上海紀行はおやすみといたしまして、そのレポートを書こうと思います。





本日の演奏者はジャズピアニスト山田貴子さんトリオと、ゲストに類家心平さん(坂道のアポロンの淳一のトランペットです!)でした♪


3曲ほど貴子さんのオリジナルの曲を聴いて、圧巻!
海外の風を横浜で感じました(*´∀`*)
あの独特なリズムや一度に奏でる動き(手ではなく、音楽として)
素晴らしいものでした!



そしてふと

“私たちが奏でるのは、人生である”

というルイ・アームストロングの言葉を思い出しました。

ジャズは、あえてぶつかり合うような不協の音をよしとします(というか、それがいい♥)

例えば、電車が激しく揺れた時にガタン!となる車輪の音と、反対側から来る電車のプオー…という音を同時に出していい。
むしろ、その場面を表現できるということなんだと思います。


私はクラシック出身で、おまけに現代曲もあまり演奏する機会がないので今まで平均律という“綺麗に聞こえる基準”で演奏をしてきたのですが、こういうのもまた違った音楽になるのですね^^

同じストーリーでも、色々な表現方法があると改めて実感しました。


うーん、楽しい♪


それでは、チャイナブルーが醒めないうちに今日は寝ます!

素敵な夜を★


ジャズナイト★ジャズナイト★

(2012年6月13日(水) 2:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ラテンバンドでも活動!あなたの興味を大切に育てるサポート

ピアノ教室~peu a peu~
江尻明日香 (ピアノ)

渋谷・池袋・千歳烏山・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ