全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室 ラ・フランス スクールブログ ピアノを弾いて...

ピアノを弾いてみたくなる曲 ~ねこふんじゃった~

鍵盤を前にすると

ピアノを習っていない子でも
なぜか高速で弾けたりする…魔法の曲☆ミ

ねこふんじゃった


この曲なら弾ける!という方も
多いのではないでしょうか(^^)


さてこの曲には、たくさんの謎があるんです。


まず、
こんなによく知られているに、作曲者不明(--)


「ねこふんじゃった」というタイトルもどうやら怪しい。

というのも
ドイツ「ノミのワルツ」
オランダ「ノミのマーチ」
デンマーク「侯爵夫人」
フランス「カツレツ」
スイス「カツレツのワルツ」
ロシア「犬のワルツ」・・・

ここで気になるワードが‘ワルツ’
世界では舞曲なのか…?

そしてこの曲は
楽譜にすると複雑な譜面となり
ものすごく難しく見えます(--;)

弾くと簡単なのに?
どうしてなんでしょう?


実はこの曲
世界各国に伝わっていく、その伝わり方も「耳」だったそうです。
楽譜じゃないんですね(^^;

それもそのはず。


弾いたほうが簡単なんですよね。
弾きやすく感じる理由はこんなところにあるかもしれません。
導入教材として理にかなっているんです!

・黒鍵をたくさん使う
 (白鍵より高い鍵盤、視覚的にも捉えやすい)

・指の形が自然
 (一番、指の形が安定している3の指(中指)を中心に使う)

・手の交差
 (メロディーは音高の移動がありますが、伴奏形は固定)


つまり
ピアノを学び始めるのに
無理なく取り組める曲となっているんですね♪



それでも・・・
レッスンではなかなか取り上げてもらえないのも現実。


しかし!
最近は「ねこふんじゃった」をテーマにした教材もあるんです!
(「ねこふんじゃったスペシャル」 小原孝 著)

自分のやりたいと思った曲は伸びます!!


良いテクニックは遊びながら身につけましょう!

にほんブログ村 音楽ブログ 音楽教室・音楽学習へ
にほんブログ村

ピアノを弾いてみたくなる曲 ~ねこふんじゃった~

(2012年6月12日(火) 21:17)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音大卒・中高の教員免許保有。個人レッスンのほか、演奏ボランティアも

ブログ記事 ページ先頭へ