全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 駅から1分 超初心者専門ピアノスクール スクールブログ ピアノの選び方

ピアノの選び方

今回はピアノの選び方についてお話ししたいと思います。

これから購入予定の方は参考にしてくださいね!

【電子ピアノ編】
一応、スタンダードモデルというのが各メーカー10万円くらいで出ています。
メジャーなところでいえば、
ヤマハ、カワイ、コルグ、ローランド、カシオ といったところでしょうか。

カワイ、コルグ、ローランドあたりは、作りも似ていて、
あとはあなたの好みになってきます。
カワイはかなりタッチは軽めになっていますね。
コルグ、ローランドは、スタンウェイの音をサンプリング(録音)しているので、
音はクリアです。

ヤマハは、10万円のものですと、クラビノーバではないので、
クラビノーバのシリーズ(CLPシリーズ)の方を勧めます。
なぜかというと、タッチの表現や、スピーカーの大きさなど、
やはりクラビノーバの方が断然いいからです。

カシオは、近日けっこう売れているようですが、
やはり楽器メーカーではないので、安いですが、本格的にやる方には向いていないかもしれません。
持ち運びなどする場合や、MIDIを使って他音源を使うのみの使用であればいいかもしれないです。



という事で、電子ピアノを購入する際に重要な点は、やはり、「タッチ」と「音の響き」です。
タッチはヤマハのクラビノーバか、ローランドHPシリーズ、コルグがかなり本物に近いです。

音の響きは、その楽器のワット数をみればわかりやすいです。
やはりスピーカーの大きさが大きいほど音はいいです。
コンパクトタイプはやはり奥行きの制限があるため、
スピーカーは小さいですね。

ま、簡単にこんな感じです。
あとは売り場で実際に音を出して決めてくださいっっ


 

(2007年8月15日(水) 4:01)

前の記事

次の記事

ブログ記事 ページ先頭へ