サイタ音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室Pianism スクールブログ まずは、自分が...

まずは、自分が楽しむ

こんにちは。講師の中田です。

お子様にピアノを習わせようと考えてるお母さんやお父さん、いませんか?
情操教育の一環として、もしくは「ピアノくらい弾けた方が将来何かと役に立つんではないか」などいろんな思惑はあると思います。
でも、それだけでは、習わせたところで長続きはしません。
ぼくの今までの経験では「習わされた」という意識の子は必ず途中で辞めてしまいます。
(ただし、かなり大きくなってから「あのとき辞めなければよかった」と言うのです。)
子供にうまくピアノを習わせるためにはどうすればいいか。
子供にあったピアノ教室を探すと言うのももちろん大切なことです。でもそれより何より重要なことがあるのです。
それは「子供に『ピアノ』というものに興味を持たせる」ということ。
いちばんいいのは、お母さんやお父さんが実際に弾くことです。
子供の頃の、親からの影響は思いのほか大きいものです。
お母さんやお父さんがピアノを弾けば、おそらく子供は必ずピアノに興味を持つはずです。
そしてそこでご自身がそれを「楽しい」と思えばなおさら、子供は自分も弾いてみたいという思いを強く持つはずです。
(逆に言えばそこで「楽しい」と思えないなら、そんなことを子供に無理にやらせるのはひどい話です)

ゆくゆく自分の子供にピアノを弾かせてみたい、という思いがあるのなら、まずはご自身がピアノを弾いてみること。そしてピアノを楽しむこと。
なにも難しい曲を弾く必要はありません。楽しんで弾ければそれでいいのです。
「ピアノを弾く」ってことは、ムリヤリやらされることではなく、何より「楽しむ」ことなのですから。大人にも子供にも、そういうものであってほしいと強く思うのであります。

 

(2007年9月19日(水) 23:24)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

生徒さんの圧倒的継続率。沢山褒めてくれるけどきちんと指摘があるから

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

さて。 いよいよ発表会も明日ですね。(時間的には今日ですが) 今年もみなさんがんばって、この日に向けて取り組んできました。 あとは本番でどれだけ、気持ちよく弾けるか、です。 間違えずに弾くことは大切ですが、せっかくのグランドピアノでの演奏ですから、思い切った演奏をしてほしいなあ、と...

ふと、こんなことを書いてみました。 ぼくが、新しい曲に手をつける時の、最近のパターンです。 ぼく自身はいま、特にピアノ曲の演奏会をしてるわけでもないので「この曲をいついつまでに弾かなくちゃいけない!」てのはないわけで。 なので、別に気が乗らなければ新しい曲に手をつける必要はないわけだ...

まだまだ暑い日が続いてますね。 家でピアノを弾く時は、やはり近所に多少気を遣って窓を閉めるわけです。が、日中は出来るだけエアコンを付けないようにしてるもので、夕方以降、電気利用のピークをはずして弾いてます。 今年も11月に発表会の開催が決定したようですね。 ぼくの生徒さんも、9月に入...

で、さっそく個人的なお知らせで恐縮ですが。 普段ぼくはピアノを教えるのと並行して、いろんなライブのサポートなどをしております。 たまに自分でも弾き語りをしてみたり、歌い手さんを呼んで個人名義でライブをしたりもしてます。 このたび、3人の歌い手さんを、ぼくが1人でピアノだけで紡いで...

ども、中田です。 このコーチブログではすっかりお久しぶり、となってしまいました。 実はぼく、個人的なブログをつけてまして、そちらの方ではいろいろと書いてるんですね。 ここはなんというか、「ピアノを習う、ということは」ということに特化して書かなくちゃ、というのがあったのですが、なかなか...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ