サイタ音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室Pianism スクールブログ 『しなくちゃい...

『しなくちゃいけない』ではなく

こんにちわ。講師の中田です。

ピアノを弾く時の姿勢として、いろんなことが言われます。
○イスにはあまり深く腰掛けない
○手首をだらっと落とさない
○手の形は卵を優しく持った時のように
○爪は必ず切っておく
など、です。

ピアノ教室によっては、まずこの姿勢を徹底するところから入るところもあるようです。
おぼろげな記憶をたどると、ぼく自身も「手首」と「手の形」はかなり言われたような記憶があります。

でもって、これ。
「絶対にこうでなくてはいけない」「こうしなくては弾けない」というわけでは決してないのです。
ただ、こうすると「弾きやすいですよ」というのは事実です。
ピアノ習いはじめのうちは疲れるからか手首は下がりがちになります。そうすると必然的に手の形は卵もつぶれるような形になるわけです。これでも弾けないわけではありません。
ただ、しっかり弾こうとした時に力が入りにくかったり、指の動きがひっかかったりしてきれいに弾きにくいのです。
きれいな音を出そうと研究すれば、自ずと手の形は卵を優しく握る形になって行きます。

水泳において、短い距離を泳ぐには平泳ぎの方が楽に見えるけど、遠泳には実はクロールの方が疲れないと言う事実。これと同じようなものです。

「こうじゃなくてはいけない」ということではなく「こうした方がやりやすいのだ」という考え方。なんにおいてもそう考えることで、物事に対する意識も上向きに変えて行くことが出来ます。

 

(2007年9月12日(水) 22:39)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

生徒さんの圧倒的継続率。沢山褒めてくれるけどきちんと指摘があるから

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

さて。 いよいよ発表会も明日ですね。(時間的には今日ですが) 今年もみなさんがんばって、この日に向けて取り組んできました。 あとは本番でどれだけ、気持ちよく弾けるか、です。 間違えずに弾くことは大切ですが、せっかくのグランドピアノでの演奏ですから、思い切った演奏をしてほしいなあ、と...

ふと、こんなことを書いてみました。 ぼくが、新しい曲に手をつける時の、最近のパターンです。 ぼく自身はいま、特にピアノ曲の演奏会をしてるわけでもないので「この曲をいついつまでに弾かなくちゃいけない!」てのはないわけで。 なので、別に気が乗らなければ新しい曲に手をつける必要はないわけだ...

まだまだ暑い日が続いてますね。 家でピアノを弾く時は、やはり近所に多少気を遣って窓を閉めるわけです。が、日中は出来るだけエアコンを付けないようにしてるもので、夕方以降、電気利用のピークをはずして弾いてます。 今年も11月に発表会の開催が決定したようですね。 ぼくの生徒さんも、9月に入...

で、さっそく個人的なお知らせで恐縮ですが。 普段ぼくはピアノを教えるのと並行して、いろんなライブのサポートなどをしております。 たまに自分でも弾き語りをしてみたり、歌い手さんを呼んで個人名義でライブをしたりもしてます。 このたび、3人の歌い手さんを、ぼくが1人でピアノだけで紡いで...

ども、中田です。 このコーチブログではすっかりお久しぶり、となってしまいました。 実はぼく、個人的なブログをつけてまして、そちらの方ではいろいろと書いてるんですね。 ここはなんというか、「ピアノを習う、ということは」ということに特化して書かなくちゃ、というのがあったのですが、なかなか...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ