サイタ音楽教室ピアノ教室東京 メロディ♪ピアノ教室 スクールブログ ピアノの調律♪

ピアノの調律♪

やってきました~GW!!
みなさまは、どのようにお過ごしでしょうか。
お天気もよくて、ウキウキしちゃいますねo(^o^)o


私は、朝一番にピアノの調律師さんに来て頂きました。

さて、「調律」って?

・・・ん・・・?

という方、たくさんいらっしゃると思います。

ズバリ

ピアノの定期検診なんですよ。
(お引っ越しブログでも、ちょっとだけ触れました♪)

ピアノを移動させた時はもちろん、
長い間弾いていない状態でも、音が狂ってきちゃうんです。

音が狂う!?
てまた、変な話ですよね(><*)ノ~~~~~

極端に言えば、
「ド」が「ド」じゃなくなっちゃうって事なんです。
「ド」っぽい音では、
やはり、演奏も気持ちのよいものではないですよね。

だから、調律師さんに「ド」に戻して頂きます。

簡単に言うとこんな感じかな。


本日来て頂いた調律師のTさんは、とっても親切で、
私のピアノのどこどこのハンマーを削ったら、音のこもりが解消されます、
とか、低音部の響きの悪さの原因やバランスのことまで、
丁寧にご説明下さいました。

私も、また一つ、勉強になりました(*^^*)

ピアノも生きてるんですよね(^_-)
いつも健康で長生きしてほしいから、
ピアノをお持ちの方は、年に一度くらいかな、
時々、ピアノの定期検診をしてあげて下さいね♪

ピアノの調律♪

(2012年4月28日(土) 16:54)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

レコード会社直営のレストランバーの元・専属ピアニスト。弾き語りも対応

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

1ヶ月ぶりの更新かと思いきや、続けてブログを書いてる私。 前回ブログは、「うたう、心を込めて」表現する事を書きました。 では、実際のテクニック面ではどうなの?という事で続編。 簡単ですが、下記をご参考下さいヽ(^o^)丿 ≪指先の使い方≫指先と鍵盤の関係 ・指先の角度 ...

みなさま、こんにちは~♪ なんとなんと1ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました。 師走に入り、バッタバタしておりました。すみません。 ココ最近は、街もすっかりXmas☆ 気分も華やぎますね~ レッスンでは、Xmasソングを練習している生徒さんもたくさんいらっしゃいます♪ ...

日曜日の生徒さんに頂きました。 ロンドン、パリを周遊されたそうです。 包装紙、キレイですね(*^^*) 開けるのもったいなくて、まだ食べてないの。 嬉しい~♪ Sさん、ありがとうございます。

光が丘美術館のピアノは、ベーゼンドルファーピアノの中でも、 世界限定12台の特別モデル「1000年祭グランドピアノ」!!! が置いてあります。すごい。 先日のデームス先生も、こちらのピアノを演奏されました。 デームス先生も、このピアノは大のお気に入りだそうです。 ピア...

みなさま、こんにちは。いかがお過ごしですか!? 久しぶりの更新です。 先日、光が丘美術館まで、イエルク・デームス先生のピアノ・リサイタルへ行って参りました。 プログラムはブラームスを中心に 前半は、ベートーベンソナタ第21番‘ワルトシュタイン’ 後半は、ショパンの名作を数...

ブログ記事 ページ先頭へ