全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室Pianism スクールブログ ドビュッシーが...

ドビュッシーがよく使われてます

こんにちは、講師の中田です。
いろんなところで書いてるのでわりと知られた話ではありますが、ぼくの好きな作曲家はドビュッシーです。独特な和音の響きと、その展開が好きなんですよ。

ドビュッシーの曲は昔からよくCMでも使われるんですが、今年の春先はあまりに集中して使われてるのでちょっとびっくりしました。

昨年辺りから放送してるYKK apのCMで、3つパターンがあるものにそれぞれ別の楽曲を3曲使ってますが全部ドビュッシーで『グラドゥス・アド・パルナッスム博士』『妖精たちはあでやかな踊り子』『パスピエ』の3曲。
日東電工のCMの、タイムカプセルにフィルムかぶせたら紙質が元通りになる、というバージョンのバックでは『夢』。
三井不動産レジデンシャルの、イメージ映像的なCMでは定番『月の光』。
「みそつき!!」というコミカルなカップヌードルMISOのCMの後ろには『亜麻色の髪の乙女』。
いちばん脳裏に焼き付いては慣れないのが、朝日新聞のCMで『サラバンド』。この曲自体もともとものすごく不安定な響きで怖さとか寂しさとか不安感が出やすい曲なのですが、そこ持ってきてあの映像は、なんだか恐怖心
をあおられますね。きれいな曲だし、ぼくもよく弾くのですが。
そして、この時期になって「カビキラー」のカビの映像のバックに『雪が踊っている』がほんの一部分ですが使われてます。(この選曲は、たしかに音的には似合わなくもないんだけど、ちょっと、いやだなあ・・・)

昔から『月の光』『アラベスク第1番』『亜麻色の髪の乙女』あたりは結構定番でよく使われてますが、ここまでたくさんとなると驚きですね。時代がドビュッシーの響きを求めてるんでしょうか。

CMを見て気になった曲があったらぜひ聞いてみて下さい。

 

(2007年7月2日(月) 16:32)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

生徒さんの圧倒的継続率。沢山褒めてくれるけどきちんと指摘があるから

ピアノ教室Pianism
中田征毅 (ピアノ)

渋谷・都立大学・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ