サイタ音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室Pianism スクールブログ 謝らなくていい...

謝らなくていいですよ

こんにちは、講師の中田です。

最近レッスンをしてる中でたまに気になることがあります。
生徒の方が、間違った音を弾いてしまった時に「すみません」とか「ごめんなさい」と言ったりするんですね。つい口から出てしまうものなのかもしれないのですが。

あたりまえのことですが、謝ることなんてないですからね。

人間ですから、そうそうなんでも完璧にできるなんてことはないです。そもそも、完璧にできるのならレッスンする必要はないわけですから。

ぼくは、普段から「間違える=悪い」とは考えてません。(ここで言うのは、ミスタッチをする、ということであって、『人間的に間違える』とか大きなことではありませんよ)。
もちろん、お金を払って見に行ったピアノのコンサートで、ピアニストの方があまりにひどいミスタッチをした場合は怒ってもいいと思いますけど、私たちが弾くレベルではそんなに目くじらたてて気にしなくたっていいと
思うのです。
「ミスしてはいけない」と堅くなって演奏するよりは、多少のミスがあったとしても気持ちよく演奏することの方が大事だと思います。また、そうした演奏の方が、聴いてる人の気持ちも惹き付けるものです。

そりゃ当然、ミスはない方が理想ですよ。最終目的です。ただ、ミスをしたから悪いんだ、ということはないです。

レッスン中も、たとえば3回弾いて3回とも間違った場合は指摘しますよ。間違った認識をしてる、もしくは練習すべき箇所として。ただ、1度ミスしたからと言って揚げ足を取るような指摘はしませんから。

だから、間違った音を弾いてしまったからと言って「すみません」と口走ってしまわないで下さい。

 

(2007年7月1日(日) 0:00)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

生徒さんの圧倒的継続率。沢山褒めてくれるけどきちんと指摘があるから

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

さて。 いよいよ発表会も明日ですね。(時間的には今日ですが) 今年もみなさんがんばって、この日に向けて取り組んできました。 あとは本番でどれだけ、気持ちよく弾けるか、です。 間違えずに弾くことは大切ですが、せっかくのグランドピアノでの演奏ですから、思い切った演奏をしてほしいなあ、と...

ふと、こんなことを書いてみました。 ぼくが、新しい曲に手をつける時の、最近のパターンです。 ぼく自身はいま、特にピアノ曲の演奏会をしてるわけでもないので「この曲をいついつまでに弾かなくちゃいけない!」てのはないわけで。 なので、別に気が乗らなければ新しい曲に手をつける必要はないわけだ...

まだまだ暑い日が続いてますね。 家でピアノを弾く時は、やはり近所に多少気を遣って窓を閉めるわけです。が、日中は出来るだけエアコンを付けないようにしてるもので、夕方以降、電気利用のピークをはずして弾いてます。 今年も11月に発表会の開催が決定したようですね。 ぼくの生徒さんも、9月に入...

で、さっそく個人的なお知らせで恐縮ですが。 普段ぼくはピアノを教えるのと並行して、いろんなライブのサポートなどをしております。 たまに自分でも弾き語りをしてみたり、歌い手さんを呼んで個人名義でライブをしたりもしてます。 このたび、3人の歌い手さんを、ぼくが1人でピアノだけで紡いで...

ども、中田です。 このコーチブログではすっかりお久しぶり、となってしまいました。 実はぼく、個人的なブログをつけてまして、そちらの方ではいろいろと書いてるんですね。 ここはなんというか、「ピアノを習う、ということは」ということに特化して書かなくちゃ、というのがあったのですが、なかなか...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ