全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室Pianism スクールブログ 音楽に正解はな...

音楽に正解はない

こんにちわ。講師の中田です。

いきなりですが、音楽って、なんなんでしょうかね

CDとして売られてるものが音楽なわけではありません。楽譜として売られてるものが音楽でもありません。それらは音楽を「何かしらの形にしたもの」です。
そもそも、音と言うものは基本的に目に見えないものですし、目に見える形として残せるものでもありません。非常にあいまいなものです。
今でこそ、録音技術の進歩によって音楽は「再生可能なもの」になってますが、それ以前、音楽は「その場限りのもの」であったはずです。

楽譜というのは言わば音楽の「設計書」。
そこに書かれてることを実際に演奏することによって、それははじめて「音楽」になるわけです。作曲者がどれだけその「設計書」に自分の思いを事細かに書いたとしても、演奏者がそこから全く同じことを読み取るとは限
りませんし、おそらく「まったく同じ」になることはないでしょう。
演奏者はその設計書から読み取ったことに、さらに「自分の思い」を加えて、その人なりの音楽を導き出すわけです。演奏する人が違えば同じ曲でも違う音楽になっていくわけです。(ここで重要なのは「自分の思い」が加
わらないと、それは音楽にはならないと言うことですが、今回その話は飛ばします)
同じ曲なのに違う音楽になる。さらに言うならば、同じ曲を同じ人が弾いても、その時々のその人の思いによって、それはまた違うものになり得ます。

音楽とは、なんとまああいまいなものなんでしょうか


さらに考えてみましょう。
ある1つの曲にとって「正解」というものは存在するのでしょうか

録音技術も進んだ今の時代、CDで出ているものが「正解」なのか、と考えるとそれも違いますね。考えてみて下さい、たとえば好きなミュージシャンのライブに行った時、CDと全く同じように演奏しますか?しませんね。で
は、そこで演奏された楽曲は間違ったものですか?そんなことありませんよね。

つまりCDとして世に出まわってるものであっても、それはあくまでも「見本」の1つに過ぎないと言う事です。

こんなあいまいなものに「正解」なんてあるはずがありません
逆を言えば、これは何をやっても「正解」である、ということです。
ある意味「言ったもん勝ち、やったもん勝ち」
演奏する人の頭の中にある「気持ち良い演奏」、それがそれぞれの正解になるのです。

チャップリンの言葉を借りるなら、よい音楽/よい演奏に必要なのは
「弾きたい気持ちと豊かな心、それとほんの少しのテクニック」
だということです。

あなたなりの「正解」をどんどん形にして、披露していってください。
ぼくはそれをお手伝いいたします。


 

(2007年6月22日(金) 19:15)

次の記事

この記事を書いたコーチ

生徒さんの圧倒的継続率。沢山褒めてくれるけどきちんと指摘があるから

ピアノ教室Pianism
中田征毅 (ピアノ)

渋谷・都立大学・駒沢大学

ブログ記事 ページ先頭へ