サイタ音楽教室ピアノ教室東京 メロディ♪ピアノ教室 スクールブログ 真面目な話~M...

真面目な話~Mr.アクリョクン

今日は、小春日和で気持ちがいいですね~♪
みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

T氏より、かわいいニギニギ(スポンジがとっても固くなった様なもの。
正式名称がわからずごめんなさい)を頂戴しました!

…というより、奪いました…笑!?のでご紹介します(*^^*)
~T氏、ありがとうございます。

このニギニギは握力を鍛えられます。

お顔がついてキュート!
その名も「Mr.アクリョクン」(勝手に名付けました)

ピアノを演奏するには、握力は必要不可欠なんですよ。

なぜ?

例えば、

ショパンを弾く時は、特に指先に神経を集中させます。
パタパタと打鍵するのではなく、
まるで、鍵盤を「握る」ように弾いたり・・・
もしくは、和音を「つかむ」ように弾いたり・・・

言葉で表現ができないほど、
実に、たくさんの演奏法があります。

作曲家の世界観や感情表現の為に、
普段からの握力トレーニングは必須なのです。
指の力もつきますよ!

握力トレーニング器で、ピアノの為の《筋トレ》を始めてみては!?(*^^*)

※写真※
ギューっと握ると顔がぶちゃってなります(~▽~@)♪♪♪

真面目な話~Mr.アクリョクン真面目な話~Mr.アクリョクン

(2012年4月9日(月) 18:34)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

レコード会社直営のレストランバーの元・専属ピアニスト。弾き語りも対応

目的・種類別にピアノ教室・レッスンを探す

新着記事

1ヶ月ぶりの更新かと思いきや、続けてブログを書いてる私。 前回ブログは、「うたう、心を込めて」表現する事を書きました。 では、実際のテクニック面ではどうなの?という事で続編。 簡単ですが、下記をご参考下さいヽ(^o^)丿 ≪指先の使い方≫指先と鍵盤の関係 ・指先の角度 ...

みなさま、こんにちは~♪ なんとなんと1ヶ月ぶりのブログ更新となってしまいました。 師走に入り、バッタバタしておりました。すみません。 ココ最近は、街もすっかりXmas☆ 気分も華やぎますね~ レッスンでは、Xmasソングを練習している生徒さんもたくさんいらっしゃいます♪ ...

日曜日の生徒さんに頂きました。 ロンドン、パリを周遊されたそうです。 包装紙、キレイですね(*^^*) 開けるのもったいなくて、まだ食べてないの。 嬉しい~♪ Sさん、ありがとうございます。

光が丘美術館のピアノは、ベーゼンドルファーピアノの中でも、 世界限定12台の特別モデル「1000年祭グランドピアノ」!!! が置いてあります。すごい。 先日のデームス先生も、こちらのピアノを演奏されました。 デームス先生も、このピアノは大のお気に入りだそうです。 ピア...

みなさま、こんにちは。いかがお過ごしですか!? 久しぶりの更新です。 先日、光が丘美術館まで、イエルク・デームス先生のピアノ・リサイタルへ行って参りました。 プログラムはブラームスを中心に 前半は、ベートーベンソナタ第21番‘ワルトシュタイン’ 後半は、ショパンの名作を数...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、ピアノレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ