全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室 ラ・フランス スクールブログ 聴く耳を育てる...

聴く耳を育てる~連弾の意義♪

ピアノのおけいこも、最初のうちは

ドーレーミー…

など単音を一つ一つ鳴らすことから始まります。
そんなとき、誰かが素敵なハーモニーで伴奏してくれたなら、
レッスンが楽しくなるのにな~


そんな風にお感じになったことはありませんか?

ピアノの魅力のひとつは、ハーモニーを簡単に作れること。
フルートや弦楽器などの旋律楽器にはできないことです。

そこで、レッスンにも「連弾」の機会をとりいれています!
連弾…つまりアンサンブルは、ピアノの学習の上で非常に良い学習方法です。


今日は、アンサンブル経験によるピアノレッスンの魅力、ご紹介致します!



アンサンブル経験で得るもの…
それは、例えば連弾、二重奏…ピアノのみならず、
歌声や弦楽器、管楽器とのアンサンブルも含まれます。

これらと一緒に演奏することで3つの力をつけることが出来ます。

①聴く力~バランスを聴き分けることができる
②呼吸感~適切な間がとれる→テンポの一定感を保持できる
③リズム感~拍がとれる→テンポの一定感を保持できる

ということです。
他人と合わせることには、単に楽譜通り弾くことだけでなく、
相手と自分のパートを聴いてバランスをとったり
息を合わせて弾くことや
拍を体の中で明確に刻むことでテンポの一定感を生み出さなければ
なかなか成功しません。


ですから、アンサンブル学習では
「主体性と客観性を同時に学ぶことができる」のです!

良い演奏をするためには
客観的に自分の演奏を聴くことが必要でしたね。
(過去ブログ:ピアノを弾くってどういうこと? 参照)


そして、何よりも
アンサンブルは演奏することの喜びを味わえる至福の時間です!



当教室では、アンサンブル学習も多く取り入れ、
伴奏する力も身につけることができるよう、レッスンしています。

もし、あなたもピアノが弾けるなら、
ご一緒に「連弾」してアンサンブルを楽しみませんか?


心よりお待ちしています。

聴く耳を育てる~連弾の意義♪

(2012年2月26日(日) 0:33)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

国立音大卒・中高の教員免許保有。個人レッスンのほか、演奏ボランティアも

ブログ記事 ページ先頭へ