全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノ教室~peu a peu~ スクールブログ 弾かないとわか...

弾かないとわからない楽しみ



お久しぶりです。
マメに更新せずにすみませんです。

最近はもっぱら酒粕愛飲しております。
粕汁万歳です。


来月、再来月に演奏会があり、テーマに沿った選曲をしているのですが、どうしてもショパンのマズルカを弾かなくては成り立たないプログラムの為、マズルカを数曲勉強中。

ここでマズルカの紹介。
マズルカとは、簡単に言うとポーランドの民族舞曲。3拍子。踊りの曲なので1拍目、2拍目、3拍目それぞれ意味を持ち、ステップに合わせた歌い方をする(ショパンのマズルカ第5番など、参考まで)


このマズルカの意味をわからなかった幼少の頃は、掴みどころの無いテンポが苦手で、ずっと敬遠していました。

勉強し始めると、見たこともない舞曲をあれこれ想像して組み立てていく作業が、大変だけど楽しい!
そしていろんな人の演奏を聴く。
そこで、自分と同じポーランド以外の国の人が創るマズルカという舞曲を、どのようなアプローチで弾いているのか聴き比べる。

そこに、“音楽”の『自由』と『自己』の姿が見えれば、あとは表現するだけだ。

マズルカについて、きっと5年後には違う意見を持つと思う。

今の自分の中のマズルカを精一杯楽しんで表現しようと思う。

これは、弾かなければわからない発見であった!!

ではまた〜♪


 

(2012年2月19日(日) 0:29)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ラテンバンドでも活動!あなたの興味を大切に育てるサポート

ブログ記事 ページ先頭へ