全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ちあきKピアノスクール スクールブログ ドイツ語と 英...

ドイツ語と 英語 どっち?

私は バリバリのクラシック畑の出身だと思っちょります。
幼少期からやってれば 必然的にそうなるのかな?
まっ その後 そのだけじゃつまらん と色々世界を広げたのですが・・


で 私の幼少時代の教室は ドレミを ドイツ語で覚えさせられました。
(もちろんドレミもやりますよ)
たとえば チューリップをドイツ語で音符読みすると
ツェーデーエー ツェーデーエー 
ゲーエーデーツェー デーエーデー
と こんな感じ。。。


おかげで今でもこれは忘れず、覚えております。
で これが 少々成長し、コード表なんてものを片手に ギターの人と(まあポップス とか ロック系だとか)
話しようもんなら チグハグなことになります。

だいたい 私がドイツ語読みでしつこく習ってきた などと 予想もついてません。

「ねえねえ エー(A)出して 」
「はいはい エー(E)ね」
「ちがうちがうエー(A)だよ」
「エー(E)でしょ?」


あっ そうか?  
CDE英語でシィ ディ イー エフ ジー エー(ら)
と なり
 ドイツ語で CDE は ツェー デー エー(み) 
となるわけです。

ちなみに 一般的に使われているのは やはり 英語。
ドイツ語で読んで、歌ってる人 あまり見かけず です。
まっ それもいいさ。


 

(2011年9月3日(土) 22:53)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ハワイと歌をこよなく愛する先生。作曲にソルフェージュ、オーケストラまで

ブログ記事 ページ先頭へ