全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室東京 ピアノのアトリエあずま スクールブログ 8月11日 ...

8月11日 恩師

前回の続きのような感じですが…


忘れもしない21の頃、私が緊張していた時に、

「おまえはあほか~
ええカッコしよーとするから緊張するんじゃ。そのほうがよっぽどカッコ悪いわ。
ええカッコせんと、そのまま弾け!
どんだけカッコ付けたって、そのまんまのおまえが客にはバレバレじゃ

と恩師(バリバリの関西人)に言われました。

なんか、すぅ~~~っとラクになりました

それ以来、緊張しなくなったばかりか、楽しんでノビノビと弾けるようになったのです

自分はどこまで行っても自分ですもんね



その恩師、もうだいぶ前('98年)に亡くなってしまいましたが、今でも
「あの先生はこう言うかな」
「こうやって怒るなあ」
…なんてよく考えます。
何事においても私のひとつの「基準」です。

生徒のクダラナイふっかけにも、きちんとチャンバラしてくれるひとでした。
そんな教師に自分もなれたらな~

今でも音楽の教科書に乗ってるかしら、「気球に乗ってどこまでも」という曲を書いたのが、そのひとです。
合唱をやったことがあるかたなら「ひとつの朝」など、ご存知かもしれませんね。
教育熱心な作曲家でした…
平吉毅州(ひらよしたけくに)と言います。

良かったら皆さんも調べて聴いてみてくださいね

 

(2011年8月11日(木) 23:48)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

日韓友好40周年記念コンサートで伴奏!声楽家・合唱団・オペラ団と共演も

ピアノのアトリエあずま
あずまみのり (ピアノ)

高田馬場・池袋・吉祥寺・中野・江古田

ブログ記事 ページ先頭へ