全国5万人が受講している「サイタ」

ピアノ教室・レッスン

ピアノ教室・レッスンを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,300円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

音楽教室ピアノ教室大阪 ピアノ教室~peu a peu~ スクールブログ 呼吸を感じて

呼吸を感じて


どうも、お久しぶりの日記です♪


すっかり10月になってしまい、食欲の秋到来!!
(芸術家のクセに食欲が先に…)


料理がスキな私としては、楽しみな季節です。
栗ご飯♪さんま♪焼き芋♪ココア~♪
そして熱燗を…



え~、このままではお料理ブログになりかねないので、本題に入ります!










普段皆さんは、音楽を聴きながら通勤・通学されてますか??

私も365日のうち、360日は絶対イヤホンを差してゆらゆら電車に揺られております。
そしてそのうち300日は寝ているかもしれないです(笑)


では残りの5日は何かというと、
ふとした時に音に疲労してしまうんです。
正確に言うと“疲労”ではないなぁ…

そして意を決してイヤホンを外してみるとあら不思議★

呼吸が凄く楽になる!

つまりどういうことかと言うと、
知らず知らずの間に、呼吸を聴いている音楽のテンポに合わせているということなんですね。

そして人には聴くコンディションというものがあり、一つの物語を描いている“作品”として曲を見たときに、それが気分に合う・合わないがあるんです。
※例えば、失恋してすぐにハッピーエンドの恋愛モノを見たいと思いませんよね。加藤ミリヤとか聴きたくなっちゃいますよね(笑)


なのでアップテンポの曲をずっと聴き続けているのは、人によっては結構大変。





そしてここからが大事なこと!!


音楽が呼吸を必要としていることです。

音楽は総て“歌う”ことで出来ています。
歴史から見ても、器楽よりも声楽の方が先に生まれましたよね。


普段の練習の時、弾きたいイメージと自分の演奏がちぐはぐになったりすることってないですか??

誰しも一生懸命になりすぎると呼吸も忘れてがむしゃらになってしまいがちです。
一生懸命なのは素敵なことですが、今ちょっとだけ
“呼吸”を意識してみてはいかがでしょう。

とても簡単に言ってしまえば
その曲を『歌う』ことです。


ゆっくりと、抑揚に酔いしれて
心の中でも、実際に弾きながらでも
そうした過程で探していた音や間に出会えるかも!

あなたの音楽を奏でてください♪





ちなみに私のブラームスは、酔いしれてしまうと
80代くらいのおじいちゃんのように重くゆっくりとなってしまうので(笑)、微妙な塩梅の見極めが必要ですね♪








 

(2010年10月11日(月) 3:08)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ラテンバンドでも活動!あなたの興味を大切に育てるサポート

ブログ記事 ページ先頭へ