サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 京都写真の編集・加工・補正・修復

 Photoshopコーチ
  1.  Photoshopコーチ
成宮 逸平
  • 初心者歓迎
  • 土日OK
  • 早朝OK
  • 平日20時以降OK

大日本印刷出身。人物、広告写真の撮影も。写真をトータルに学べる
写真の編集・加工・補正・修復

60分レッスン4,900初回体験
0

  • 月1回〜OK / 
  • Windows対応 / 
  • 現役デザイナー / 
  • WEB素材の制作OK / 

先生から一言

 旅先において、また何かの記念日にカメラを手にしない人はまずいませんよね。

 ビデオカメラやカメラ付携帯電話、デジカメまでもが相当普及した今日、写真は私たちの生活に非常に関わりの深いものとなっています。思い出をビジュアルに再現し、語りかけてくれるような写真のある生活はきっと楽しいもの。   

 でも、ちょっと待ってください!

 手軽に撮影できるからといって、「撮りっぱなし」になってはいませんか?

 Photoshopはまさに「明るい暗室」。撮影した写真を見てもらうために、アルバムを編集するための大切なラボ(現像所)ワークなのです。かつては専門家でしか扱えなかった、写真の装飾、文字入れ、編集も簡単にできるのです。

 プロを目指すならともかく、ちょっとしたことの知識があるかないか臨めば「こんなにも違ってくるんだ」ということを是非、実感して頂きたいと思います。

 何よりも「楽しい」こと。これが第一目標です。

現在、新規の受講生は
受け付けておりません
略歴

 30年以上、写真撮影・画像関連事業に取り組み今日に至っております。

 下積み経験は多岐にわたり、大学で写真工学を学びつつ現像所での暗室ワークや複製印刷に勤しみ、卒業後は東京にてコマーシャルフォト、名古屋、大阪、神戸にてスタジオポートレート撮影に携わりました。
 現在はようやく、生まれ故郷の京都で個人事業にて撮影活動を続けています。
http://homepage2.nifty.com/photo-kyoto/

 京都にUターンを念頭に1995年、大日本印刷を退社。都立の職業訓練校のフィニッシュアート科に入校してグラフィックデザインを学び、Macを揃えて独学でデジタル画像処理に携わったのがPhotoshopの第一歩です。当時はまさに、「明るい暗室」という印象でした。

 その後、デジタル仕様アルバムの企画商品化や制作指導、すでに1999年にはデジタルカメラ(当時は1台の価格が300万円)によるポートレート写真撮影に取り組んで、フルデジタル仕様撮影での画像クォリティ向上に努めていました。

 そしてWEBという新しいコミュニケーションツールとデジタルが主流となるさなか、本当にお客様が所望する写真撮影や写真商品の開発ならびサービスの提案、それに合致した撮影手法の開拓に今も余念がありません。
 ネットショップ商品紹介画像のクォリティが高額落札につながることをも実証して、3年連続ヤフーベストストア表彰にも関わっています。

 レクチャーは「楽しいこと」を最善として、二人三脚で取り組んで参ります。

スクール開校日時
  • 月曜: 09:00〜22:00
  • 火曜: 09:00〜22:00
  • 水曜: 09:00〜22:00
  • 木曜: 09:00〜22:00
  • 金曜: 09:00〜22:00
  • 土曜: 09:00〜22:00
  • 日曜: 09:00〜22:00
レッスン料金

60分あたり4,900

初回体験 0円

シンプルな料金設定だから、わかりやすくて安心!長く続けられる方への割引コースもあります!

別途、レッスン毎にカフェの飲食代実費(ご自身の分のみ)(200円〜)をお支払いいただきます。

※サイタに初めてご入会の方は、入会金8,000円をいただいております。

ご注意事項

平日は12時~18時は閉校中

体験レッスン時の持ち物

カフェ利用時のご自身のドリンク代

はじめて受講される方へ

サイタおすすめの理由

  • 気楽に思いっきり楽しめる!

    気楽に思いっきり楽しめる!

    曜日や時間だけでなく、レッスンの頻度も自分で決められるので無理なく好きなだけレッスンが受けられます。

  • 近場で無理なく続けられる!

    近場で無理なく続けられる!

    全国でコーチを選択可能なので、最寄駅や会社の近くなど自分の都合の良い場所でレッスン可能です。

  • 好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    好きなことだけして気持ちがリフレッシュ!

    マンツーマンレッスンなのでコーチが要望に合わせてやりたいことやできるようになりたいことに集中した内容にカスタマイズできます。

【重要】『サイタ』サービス終了のお知らせ

平素よりお世話になっております。
サイタ事務局でございます。

2021年3月31日をもちまして、誠に勝手ながら『サイタ』のサービス提供を終了することとなりました。

新型コロナウィルスの流行による外出自粛などにより、今後も安定的にユーザーの皆様にご満足いただけるサービスの提供が困難であるという結論に至りましたため、サービスの終了を決定いたしました。

日頃ご愛顧いただいております皆様には突然のお知らせとなりましたことを、事務局一同深くお詫び申し上げます。

これまでご愛顧いただいておりました皆様には深く御礼申し上げますと共に、
この度のご案内となりましたことを心よりお詫び申し上げます。


■サービス終了までのスケジュール
・2020年7月1日:サービス終了のお知らせ(本告知)
・2020年7月31日:無料体験レッスンのお申し込みの停止(体験レッスンの実施は2020年8月31日まで)
・2020年9月30日:新規のレッスンマイルの購入停止
・2021年3月31日:サービス終了

レッスンのイメージ

 Photoshopのたくさんあるマニュアル本を参照してまず思うのは、ソフトの新しい機能や使い勝手ばかりに触れられて、実際の写真撮影に追随したものはあまり見受けないように思います。

 私は写真撮影に携わる前はインターンとして、現像所の暗室で実際に写真プリントの「焼きつけ」「トリミング」「サイズ加工」「色補正」に携わっていましたし、印刷会社に勤めておりましたから、CMYKの4色についてもごく身近な存在のものでありました。

 フィルム撮影が主流だった時、これら写真の加工については下請けである「黒子業」とも呼ばれ、専門職者によるまさにブラックボックス、「暗室」であったわけです。

 今はどうでしょう。

 適切な画像コンテンツを作成するということを前提に、撮影から加工に至るまでの計画をしっかりたてて撮影に臨まなければなりませんし、ポジフィルムでの写真撮影の経験がある方でしたらすぐに理解できることですが、デジタルでの撮影は「一発勝負」です。

 適切な撮影画像を、より良いコンテンツに加工する。

 これが前提になります。

 つまり趣味であっても、プロの仕事であっても最低限の写真処理の知識がなくてはならないのです。いくら便利なソフトとはいえ、修復修正の手段だけでは実にもったいないです。

 この機会にぜひ、トータルに写真について学んでいただければと思います。
きっと「表現すること」の幅が広がっていくこと間違いないです。

 一生懸命に撮った写真が満足のいくもので、かつ楽しんでもらえれば、ますます意欲が沸いてくるはずです!

ページ先頭へ

はい、大丈夫です!
初めての方も安心の、アットホームな個人レッスンです。
他の受講生の目を気にせず、マイペースに楽しみながらご受講いただけます。

一部ジャンルのみ、東京都内でグループレッスンをおこなっております。詳しくはこちらをご覧ください。

レッスン受講料(¥4,900)+カフェ利用時のご自身のドリンク代です。受講する分だけ前払いのポイント制なので安心です。

※入会時に、全てのジャンル・プライベートコーチに共通のサイタの入会金として8,000円が必要となります。

料金・お支払い方法