サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート Photoshopによる画像作成の基本

Photoshopによる画像作成の基本

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

今回はPhotoshopでバナーなどの画像を作成する際の基本的な動作について説明していきました。
Photoshopではレイヤーごとに画像を管理していきます。

複数の画像を重ねる際にはレイヤーに分けていきます。

合成の基本となる切り抜きについてはレイヤーマスク機能を利用します。
選択範囲を作成し、レイヤーマスク追加ボタンを押します。
白黒のフィルターのようなチャンネルを用いて表示領域と非表示領域を分けることができます。
この境界線を編集することで、後から何度でも表示領域を調整することが可能なので、
合成時には重宝される機能の一つとなっています。
仕組みを理解し、どんどん利用していきましょう。

他にも文字の作成、レイヤー効果やシェイプについても説明していきました。
レイヤーパネルからだいたいのことはできるので、まずはレイヤーパネルを使いこなせるように練習していくとよいと思います。
新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 Photoshopを利用し、背景をぼかす操作についてレッスンしていきました。 選択範囲の作成とぼかし機能の適用となります。 選択範囲をどのツールでどのように作成するかが大切です。 画像の特徴からツールの使い分けを判断しましょう。 ぼかしはレンズぼかし...

レッスンおつかれさまでした。 写真集の作成についてレッスンしていきました。 看板や線路など、ある一定の雰囲気でイメージを統一できるとよいですね。 あくまで主役は写真なのでまわりのビジュアルは主張を控えめに作るとよいと思います。

レッスンおつかれさまでした。 今回は主に属性パネルの役割についてみていきました。 レイヤーパネル上のどのサムネールを指定しているかによって属性パネル上に表示される内容は変わります。 属性パネルが表示されていない場合は表示メニューから表示させればOKです。 レイヤーパネルには画像...

レッスンおつかれさまでした。 今回はIllustratorについて、基本操作から応用まで確認していきました。 ポイントとしては、いかに作業効率をあげるかという部分です。 そのためによく使われるのがアピアランスという機能です。 オブジェクトの数を抑えながら表現方法を展開できるので...

レッスンおつかれさまでした。 人物補正を中心にレッスンしていきました。 いずれの補正も、「選択範囲の作成」「レイヤーマスクの編集」「レイヤー分け」が基本ですね。 ここをきっちりこなすことが、作業スピードにも繋がってくると思います。 「ゆがみ」はレイヤーを統一してから行う必要があ...

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta