サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室 東京 Photoshopの教室 レッスンノート Photoshopによる画像作成の基本

Photoshopによる画像作成の基本

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

体験レッスンおつかれさまでした!

今回はPhotoshopでバナーなどの画像を作成する際の基本的な動作について説明していきました。
Photoshopではレイヤーごとに画像を管理していきます。

複数の画像を重ねる際にはレイヤーに分けていきます。

合成の基本となる切り抜きについてはレイヤーマスク機能を利用します。
選択範囲を作成し、レイヤーマスク追加ボタンを押します。
白黒のフィルターのようなチャンネルを用いて表示領域と非表示領域を分けることができます。
この境界線を編集することで、後から何度でも表示領域を調整することが可能なので、
合成時には重宝される機能の一つとなっています。
仕組みを理解し、どんどん利用していきましょう。

他にも文字の作成、レイヤー効果やシェイプについても説明していきました。
レイヤーパネルからだいたいのことはできるので、まずはレイヤーパネルを使いこなせるように練習していくとよいと思います。
新着レッスンノート

レッスンおつかれさまでした。 引き続き、着物の帯部分について補正を行いました。 レイヤーに分けて修正画像を貼り付けます。 レイヤーマスクを使って「補正範囲」を設定していきます。 その後、調整レイヤーを使って部分的な色調補正を行いました。 マスクの編集を白黒のブラシで行いますが...

レッスンおつかれさまでした。 レイヤーマスクの編集についてレッスンしました。 レイヤーマスクは白黒の絵を利用して表示/非表示をコントロールしている機能だということを理解しましょう。そこが理解できればさらに表現の領域が広がります。 基本操作もおさらいしましょう。 基本を忘れな...

レッスンおつかれさまでした。 サイト模写を通して、Photoshopの基本操作、画面の見方などレッスンしていきました。 まずは、メニュー、ツール、ウィンドウを使い分けできるようになりましょう。 ウィンドウの中でもレイヤーパネルは非常によく使われるので、操作に慣れていけるとよいです...

レッスンおつかれさまでした。 今回も年賀状の作成を通して、Photoshopについてレッスンを進めていきました。 画像の余分な余白や、不要な箇所が残っている場合は、レイヤーを指定して消去してあげましょう。 選択範囲を作成してからデリートキーで消去可能です。 調整レイヤーを用...

レッスンおつかれさまでした。 バナー作成、見出し用画像作成などについてレッスンしていきました。 頭の中のぼんやりとしたイメージを形にしていくために、下書きやラフをどんどん描きましょう。 どんなデザインもいきなり完成することはありません。 少しずつ少しずつ完成に近づけていきましょう。

レッスンノート ページ先頭へ

Photoshop情報

サイタのPhotoshop講師がブログを通して、Photoshop情報を発信。更新情報のチェックはこちらから!

twitter

Photoshopの先生

@PhotoshopCyta