Web・デザインスクールPhotoshop教室レッスンノート スマホアプリゲームのグラフィック制作

スマホアプリゲームのグラフィック制作

Photoshop教室のレッスンノート

レッスンノートって?レッスンノートって?

本日は体験レッスンお疲れ様でございました!

スマホアプリゲームのグラフィックをフォトショップで制作をご希望されていらっしゃる生徒様でした。
詳しくご自身のスキルや、今後制作予想される制作物を拝見しまして、テキストの効果のつけ方などをサンプル作成させていただきました。

今回レッスンさせていただいたレイヤースタイル(ドロップシャドウ、境界線、光彩、ベベルとエンボス、光るグラデーション)はアプリゲームでよく使用するゴリゴリの効果なので是非押さえておいてくださいね。

【文字間詰め】
ゲームのグラフィックテキストは文字間を詰めて作成していることが多いです。
「文字」の「VA」で文字間を詰めたり広げたりすることができます。(+で広がり、−で詰めます)

【スポイトツール】
使用したい色をスポイトで抽出して使用することができます。(左のツールボックスにあります)

【表示の拡大縮小】
Ctrl + +で拡大 Ctrl + ーで縮小します

【手のひらツール】
作業しやすいように画面を移動できます。スペースキーで手のひらのショートカットになるので便利です。

レイヤーマスクとクリッピングマスク、描画モード(ビビットライトやピンライトのことです)などのご説明もさせていただきました。

今回は体験でしたので、テキスト効果などのお役立ちスキルをレッスンさせていただきました。
なんとなく覚えていただいて持って帰ってくだされば大丈夫です。

次回からは本格的にエフェクトなどのグラフィックレッスンをしていきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願いいたします!
このレッスンノートを書いたコーチ

ゲーム・アニメ系が得意!未経験でもプロが実務レベルまで優しくサポート

Photoshop教室
水島いずな (Photoshop)

川崎・横浜・渋谷・新宿・武蔵小杉・武蔵中原・溝の口・登戸・鶴見・東神奈川・大口・新横...

レッスンノート ページ先頭へ