全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室神奈川 きよみPhotoshop教室 スクールブログ タマニハワスレ...

タマニハワスレテミルモンダ

先月、結構大掛かりな手術をしなければならなくなり、2週間ほど病院生活をしてきた。

最初の2日間は『痛さとだるさ』でグッタリしていたが、3日目あたりから暇を持て余すようになってきたので、イラストを描くことにした。点滴スタンドをズルズル転がしながら売店へ行き、“レポート用紙” と “ぺんてる水性ペン” を購入。ベットであぐらをかき、手始めにお見舞いで戴いた “フラワーバスケット” を描いてみた。「中々の出来映えだぞ。」と自画自賛。それから友人や自分の状況をイラストにしたり、同室の親しくなった戦友?達との熱い友情を描いた力作も生み出し、退院するときにプレゼントして大いに感動していただいた!

普段ならMacを使ったり、鉛筆で軽く下書きをするところだが、サインペンと紙しかないので一発勝負だ。ペンを握り紙の上をなぞる感触が指先に直に伝わってくる。なんて心地よい感覚だろう。『今』の感情がそのまま描写される手描きならではの感覚かな?「ペンと紙さえあれば、どんな時でも、な〜んだって描けちゃうってすごいよな。」などと、完全にMacの事忘れちゃっていました。(何となく原始に戻ったみたいで‥‥たまには忘れてみるもんだね。)

実は5月末に『信州高遠美術館』で作品展を開くことになっている私は、入院前に「できるだけ作品を完成させておかねば!!」という焦りで、1月から連日連夜?Macの前に座り込み作品制作をしていたので、図らずも今回の入院生活で忘れかけていた “手書き” の凄さに気づかされた。そして「運良く手術は成功したけれど、運悪くミス(医療ミス!!)もあった」という恐ろしい事件盛りだくさんの入院生活だったので、病院の医療体制の適当さにも気づいちゃったよ。(とまあ、この詳細はいずれ違う機会に。)

今回の作品展は全てがゴリッゴリのデジタル作品だけれども、まだ描きかけの作品に今回の入院で実感した “手書き感覚” の雰囲気が出せれば面白いな。ここ何十年、Macをいじくらない日ってあったかな〜?って思うほどデジタルに頼りきっていた自分に、突然訪れたデジタル抜きの生活で2週間もMacの事忘れることができたんだから。
(ごめんね、Mac。)

タマニハワスレテミルモンダタマニハワスレテミルモンダ

(2017年4月13日(木) 19:46)

前の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美大卒、広告代理店出身。Photoshopの奥深さを味わうレッスン

きよみPhotoshop教室
北野紀代美 (Photoshop)

登戸・向ヶ丘遊園・新百合ヶ丘

ブログ記事 ページ先頭へ