サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室神奈川 きよみPhotoshop教室 スクールブログ 横綱「北の湖」

横綱「北の湖」

今日、久々に立ち寄った書店でとんでもないものを発見してしまった。
「大相撲、名力士風雲録、北の湖。圧倒的強さを誇った威風堂々の大横綱。名勝負セレクション38番!」(月刊DVDマガジン創刊号)
“北の湖” 好きにはたまらないキャッチコピーと、 “北の湖” 好きにはたまらない浮世絵のように美しい横綱当時の土俵入りの写真に即ノックアウト、有無をも言わずお買い上げだ。

大好きな大好きな大好きな “北の湖” 。10代の頃から大好きだった特別な相撲取り 。学生時代には、月刊大相撲を愛読し、深夜番組の大相撲ダイジェストでは見逃した取り組みを欠かさずチェックしていた。だのに、当時の思い出にチョットだけ残念な出来事がある。

大学2年の時、油絵の自由課題で何の迷いもなく“北の湖”をモチーフに選んだ。はりきって描き始めたのはイイけれど、これがま〜〜〜むずかいしったらありゃしない。その仕上がりは美大生とは思えない酷い有様だった。思えば大学受験の時から石膏デッサンばかりしていたので、目に見える筋肉は得意だけれど、 “北の湖” のようなインナーマッスルは果てしなく難しい。いくら描いても当時の私には表現できなかった悔しさを今でもはっきりと覚えている。結局 “北の湖” を泣く泣くあきらめ(!)メリハリのある肉体美を誇る“千代の富士” にモチーフを変更して提出した。(講評会の時、殆どの学生が風景や静物をモチーフにした作品を提出する中、イキナリの「千代の富士登場〜!」で教室内が大爆笑だったことを今でも覚えている。)

あれから約35年。稀代の力士から相撲協会理事長として人生に幕を下ろした “北の湖” 。
少しは絵心と技術は上達したはずだしな、これを機会に “横綱北の湖” を完成しなければならないゾ。
(って……油彩で? リキテックスで? Illustratorで? Photoshopで? Painterで?)

描くツールの選択肢は多いけれど、そんなことはどうでもいいや。
今は「横綱北の湖を描こう!」という気持ちを大切にしなくっちゃ。

 

(2016年1月29日(金) 1:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美大卒、広告代理店出身。Photoshopの奥深さを味わうレッスン

新着記事

先月、結構大掛かりな手術をしなければならなくなり、2週間ほど病院生活をしてきた。 最初の2日間は『痛さとだるさ』でグッタリしていたが、3日目あたりから暇を持て余すようになってきたので、イラストを描くことにした。点滴スタンドをズルズル転がしながら売店へ行き、“レポート用紙” と “ぺんてる...

先週、ひょんな事からある会社のホームページを作ることになってしまった。最後にホームページを作ったのは、今から20年以上も前の話である。はっきり言って作り方忘れちゃったし、困った困った。 当時は『Page Mill』という比較的自由な感覚でWeb制作ができるソフトもあったが、それも “あの人は...

今日、久々に立ち寄った書店でとんでもないものを発見してしまった。 「大相撲、名力士風雲録、北の湖。圧倒的強さを誇った威風堂々の大横綱。名勝負セレクション38番!」(月刊DVDマガジン創刊号) “北の湖” 好きにはたまらないキャッチコピーと、 “北の湖” 好きにはたまらない浮世絵のように美...

私はこう見えて(どう見えて?)、仕事とは別に自分の作品も制作している。ベニヤ板に紙粘土をくっつける→石膏をぶちまける→彫刻刀でガリガリ削る→仕上げに下地を厚めに塗る。こんな行程でようやく絵を描く土台が完成。この土台が作品の出来を大きく左右する…と思い込んでいる私は、かなりのこだわりを持って作成...

デザインの仕事をしていると、多くのアプリケーションソフトでレイヤーという機能のお世話になる。これがまた抜群に便利な機能。アニメのセル画みたいに何枚も重ね合わせて1作品にして行くイメージかな。だから微妙な表現はもちろんの事、修正だってやる気と時間さえあれば何万回だって可能だ。(やりたくないけど)...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Photoshopレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ