サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室神奈川 きよみPhotoshop教室 スクールブログ Photosh...

Photoshopに棲む深海魚

私はこう見えて(どう見えて?)、仕事とは別に自分の作品も制作している。ベニヤ板に紙粘土をくっつける→石膏をぶちまける→彫刻刀でガリガリ削る→仕上げに下地を厚めに塗る。こんな行程でようやく絵を描く土台が完成。この土台が作品の出来を大きく左右する…と思い込んでいる私は、かなりのこだわりを持って作成するので、時間と体力の消費量が尋常ではなく、チョイトひと息のつもりで飲んだ缶ビールで、いきなりスイッチがOffになる事が頻発(眠っちゃうんです)、寄る年波には勝てません。

そこで一大決心!「そうだ、デジタルでつくってみよう」。
長い間「自分の作品は絶対に手描きでしょ」と決めていたので、かなり抵抗はあったのに…一旦手を染めたらナカナカ足抜けできないったらありゃしない。

例えばデコボコした石膏ボードっぽい下地を作りたいときには、Photoshopのフィルタメニューを使いまくる。「まず自然な濃淡がほしいから、描画の雲模様1を使おうかな」「次は表面のザラザラ感だ。ノイズを加えてちょいとぼかしてからエンボスかけてみますか」「前回はエンボスだったけど、メゾチントにしたらどうよ」こんな感じで、あらゆる操作を結構感覚的にいじくっていると、数十回に一度くらいの割合で「獲ったど~~~!!」って言いたくなるような大物感を味わえる画面効果に行き着く事がある…だからやめられないのね。

海の底には未だに見た事も無い深海魚が沢山生息しているらしいけれど、Photoshopだって負けちゃ~いない。唯一無二の「なんじゃ~こりゃ!」っていうような効果が無尽蔵にあると思うと、マウス片手に「獲ったど~~~!!」を連呼したくなるもの。
どうやらPhotoshopって『奥が深いソフト』というより、『底が深いソフト』なのかもしれない。

さてさて、マウスひとつで「無人島生活並みのスリル」を味わうなら今だよ!
12月以降も入会金いらないみたいだし。

ただし、もれなく私がご一緒しちゃうけどね。








 

(2014年11月3日(月) 23:59)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

多摩美大卒、広告代理店出身。Photoshopの奥深さを味わうレッスン

新着記事

先月、結構大掛かりな手術をしなければならなくなり、2週間ほど病院生活をしてきた。 最初の2日間は『痛さとだるさ』でグッタリしていたが、3日目あたりから暇を持て余すようになってきたので、イラストを描くことにした。点滴スタンドをズルズル転がしながら売店へ行き、“レポート用紙” と “ぺんてる...

先週、ひょんな事からある会社のホームページを作ることになってしまった。最後にホームページを作ったのは、今から20年以上も前の話である。はっきり言って作り方忘れちゃったし、困った困った。 当時は『Page Mill』という比較的自由な感覚でWeb制作ができるソフトもあったが、それも “あの人は...

今日、久々に立ち寄った書店でとんでもないものを発見してしまった。 「大相撲、名力士風雲録、北の湖。圧倒的強さを誇った威風堂々の大横綱。名勝負セレクション38番!」(月刊DVDマガジン創刊号) “北の湖” 好きにはたまらないキャッチコピーと、 “北の湖” 好きにはたまらない浮世絵のように美...

私はこう見えて(どう見えて?)、仕事とは別に自分の作品も制作している。ベニヤ板に紙粘土をくっつける→石膏をぶちまける→彫刻刀でガリガリ削る→仕上げに下地を厚めに塗る。こんな行程でようやく絵を描く土台が完成。この土台が作品の出来を大きく左右する…と思い込んでいる私は、かなりのこだわりを持って作成...

デザインの仕事をしていると、多くのアプリケーションソフトでレイヤーという機能のお世話になる。これがまた抜群に便利な機能。アニメのセル画みたいに何枚も重ね合わせて1作品にして行くイメージかな。だから微妙な表現はもちろんの事、修正だってやる気と時間さえあれば何万回だって可能だ。(やりたくないけど)...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Photoshopレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ