サイタWeb・デザインスクールPhotoshop教室千葉 クリック DTPデザイン教室 スクールブログ デザインと仕事

デザインと仕事

この仕事に従事して40年を過ぎました。
いつまで現役でやれるか?それは、注文が来なくなるまで、でしょうか。
それとも死ぬまで、でしょうか?
いずれにしても、生涯クリエーターでいようと思っているわけです。
さて、たまに、まわりの人から「好きな仕事でごはんが食べられてうらやましい」と言われることがあります。
確かに、そうかもしれませんが、苦労の数は結構多いかもしれません。
好きな仕事ですが、責任が問われる仕事でもあります。
大きな予算が動き、多くの人たちが係ってできる仕事ですから。
一番大変なのは、クライアントの意志決定者によって、大きく仕事が左右されるってこと。
意見の違いや考え方の違いは当然付きものですが、困ってしまうのは、一生懸命考えて制作したものが、好き嫌いで判断されるときです。
ま、デザインは感性の領域が多くを占めているから、仕方がない。などと簡単にはかたづけられないわけです。明確なコンセプトと変えられない予算の枠の縛りのなかで練り上げられた企画は、そう簡単に変えられるわけがありません。
以前、世界的な大企業の仕事をしたとき、担当部署のトップが言った意見に異議を唱えたら、1ヶ月間会議に出してもらえなくなりました。その中身は、ポスターのある部分の色が気に入らないということで、変えるよう話があったのですが、明らかに個人的な趣味からの見解でした。我々デザイナーは長年様々な仕事を通して、最善の方法で企画しデザインしています。そんな次元の問題で、簡単に「はい、そうですか」とは、言えないのです。
しかし、お金を出し、クリエーターをチョイスするのは、クライアントですから逆らうことは、自滅につながります。
幸い、プロジェクトの中心者であり、企画の推進役でもあったため、回りが気を使ってくれて、下ろされずにすみましたが。
いつも自分に言い聞かせていることですが、「デザインは生活者のためにある」ということが大切ではないでしょうか。
従って、「自分自身が決して好き嫌いでデザインしてはならない」「綿密な計算のもとに行われる仕事である」と、いつも自分自身に言い聞かせています。
歳をとってくると、生命力が減衰し、詰めが甘くなってきます。

自分との格闘は、まだまだ続きます。

 

(2014年10月4日(土) 19:29)

前の記事

この記事を書いたコーチ

受賞歴多数!大手企業の広告を手がけたデザイナーからノウハウを学べます

新着記事

この仕事に従事して40年を過ぎました。 いつまで現役でやれるか?それは、注文が来なくなるまで、でしょうか。 それとも死ぬまで、でしょうか? いずれにしても、生涯クリエーターでいようと思っているわけです。 さて、たまに、まわりの人から「好きな仕事でごはんが食べられてうらやましい」と言われ...

今年の春から、専門学校でパソコンの非常勤講師をすることになり、週5コマ担当しています。学生はアジア各国から日本に来ている留学生たち。 1年生と2年生、両方の授業を行っていますが、みんな日本語が上手で、偉いなーと感心しています。しかしながら、パソコンはキーボードが国によって異なるため、文字を入...

富士山の登頂でのこと。頂上付近は急で、息が詰まるほど苦しいが、登頂のためには一番大事な時である、ということから、「詰め」の大切さをこう言うそうだ。 これは、なにも富士山の登頂だけのことではない。あらゆる物事に通じる至言だと思う。 デザインの世界もそうだし、趣味の世界にも通じる。 荻窪から...

一昨年、近所をうろついていた野良猫が、我が家の庭を毎日うろついているので、気がかりになり、家の周辺を探ってみると、なんと、我が家の裏で子猫が6匹も生まれていました。 1月の寒い時期だったので心配になり、段ボール箱を用意し、その中に入るように仕向けてやりました。やっと目が開いた状態の子猫たちに...

絵画は好きですか? 六本木を中心に、今東京ではフランスからの名画で溢れています。 ゴッホやマネ、セザンヌなど、教科書で見たあの名画と出会えるなんて、とってもステキなことですね。これって、東京に居ながらにして、「ルーブル美術館」や「オルセー美術館」に行けるようなものですから。こんなチャンスは...

レッスン無料相談窓口のご案内

サイタでは、Photoshopレッスンに関する疑問に
専門カウンセラーがお電話にてご案内しております。
お気軽にご利用ください。

お電話相談窓口はコチラ

ブログ記事 ページ先頭へ