全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室大阪 あなたとわたしのPhotoshop講座 スクールブログ 温故知新。

温故知新。

あっという間に8月も残すところあと10日。夏は暑いけどあっというまに終わっちゃいますね。まるで線香花火のように。。。あ、どうも、ロマンチックがとまらない、やまもとです。

さて、本日はPhoshopのバージョンについて。
現在、最新のバージョンは「Photoshop CC2014」。
Wikipediaでバージョン1.0の登場を調べてみると、1990年。
そこから2、2.5、3、4、5、5.5、6、7、ときて、CS、CS2~CS6、さらにCC、CC2014と、その誕生以来、バージョンアップを繰り返し、現在に至るのです。

僕がPhotoshopを初めて触ったのは「Photoshop 2.5」で、当時はレイヤーもなかったですし、アンドゥ(やり直し)も1回しかできなかったんですよね。
なので、大きく変更を加えるときは、とりあえず保存をしてから、というのが常でした。
あんまり昔の話を書くとおっさん扱いされるのでこの辺にしときますが、当時いろいろ苦労して表現していたことが、今では便利な機能でちょちょいのちょい、だったりするのは、デザイナーとしては複雑な心境だったりするのでございます。

とはいっても、基本機能は古いバージョンからほとんど変わってないので、レッスン内容を自宅や勤務先で復習するのに差し支えはありませんのでご安心を。

 

(2014年8月21日(木) 3:04)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

本も執筆するデザインのベテラン。必要なスキルを取捨選択でレクチャー!

あなたとわたしのPhotoshop講座
山本浩司 (Photoshop)

新大阪・梅田/大阪・伊丹・難波・淀屋橋・十三・三国・庄内・曽根・岡町・豊中・蛍池・池...

ブログ記事 ページ先頭へ