全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室千葉 タカさんのフォトショ遊び講座 スクールブログ フォトショップ...

フォトショップ・タッチ と ○ 【前半】

皆さま、こんにちは。




春の陽気は、ぽかぽかと暖かくて過ごしやすいですね。
あっちにも、こっちにも、お花がたくさん咲くこの季節がとても大好きです。

先週の日曜日には、佐倉のチューリップフェスタへ出かけてきました。
オランダ風の風車が風を受けて回り、辺り一面にチューリップが咲いて、とても癒されてきました。





さて今回は前回ご紹介した『 Photoshop Touch 』のレビューをしてみたいと思います。
前半と後半の2回に分けてレビューしていきます。
前半の今回は Photoshop Touch のメニュー(機能)についてのレビューです。












1.起動画面:重い処理なのかちょっともたつきます。

2.作成元の選択:スマートフォンのギャラリーやカメラ、クラウドからファイルを開きます。

3.今回のモデルは我が家の愛猫「○(まる)」ちゃんです!男の子です♂。とっても臆病なので、「ビビリの○」と我が家では呼んでいます(笑)












◆Photoshopのコアツールが揃っています◆

4.スタンプツール、修復ツール、ぼかしツール、指先ツール。

5.ブラシ、効果ペイント(調整レイヤー的に使えます)、スプレー(エアブラシ)、消しゴム。

6.自動選択ツール、落書き選択ツール、ブラシ選択ツール。

7.長方形選択ツール、楕円選択ツール、なげなわ選択ツール、多角形選択ツール。


◆レイヤー機能◆
携帯端末のアプリでレイヤー機能をサポートしているアプリはなかなか無いのではないでしょうか。

19.Photoshop Touchには独特でユニークな機能があります。
レイヤーのサムネールをダブルクリックすることで、「レイヤーの可視化モード」に切り替えられます。
レイヤーの重なり具合を実際に横から縦から真上からと、いろんな角度から直接確認することができます。

初心者の方はレイヤーという概念が、取っ付きにくくて「?」と感じる方が多いと思いますが、でもこれからは大丈夫!この「レイヤーの可視化モード」を使えば「あ~なるほど!」となること請け合いです!


8.レイヤーには描画モードが選べます。

9.レイヤーごとに設定できる不透明度。

10.編集メニュー1:選択範囲系の編集メニューが揃っています。

左下の「ポインターを表示」はポインターが指先で隠れてしまい、どこをブラシで塗っているのかわからない時などにONにすると便利な機能です。

中央下にある「抽出」ボタンは、選択範囲で囲った部分を抽出します。

11.編集メニュー2:リサイズ、変形、塗り系メニューが揃っています。スマフォならではの「カメラ塗りつぶし」は一番のお奨め機能です。












◆フィルターと色調補正機能(調整)◆
9x4の36種類のフィルターが利用できます。
携帯端末のアプリでここまで揃っていれば圧巻です!
フィルターの精度もPhotoshopならではで、かなり良い味が出せます。
レイヤーと各種フィルター効果を組み合わせることで、人気のインスタグラム風のフィルター効果もつくることができます。

12~15.基本、表現手法、アート、写真の各種フィルター。
使用後の効果がアイコンにビジュアル化されていますので、とても直感的に選べます。

16.調整(色調補正):12種類の調整が可能です。中でもカーブが使えるのは嬉しいですね。


◆ブラシとカラー◆

17.カラー:カラーマップ、パレット(保存した色)、HSB(色相、彩度、明度)、RGB(レッド、グリーン、ブルー)、スポイトツールと多様な色選択ができます。

18.ブラシ調整:ブラシのサイズ、硬さ、インク量、不透明度が設定できます。








Photoshop Touch の豊富な機能は、いかがでしたでしょうか。
実際の操作も、難しい操作を極力押さえ誰でも扱えるように多くの機能が自動化されています。

本格的な Photoshop を購入する前にも、Photoshop とはどういったソフトウェアで、何ができるのか?
Photoshop Touch でお手ごろなお値段で体感できると思いますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

次回は、愛猫○をモデルに Photoshop Touch でスマートフォンならではの機能「カメラの塗りつぶし」を レビューしてみたいと思います。

乞うご期待!





つづく

 

(2014年5月1日(木) 5:35)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

ゲームクリエイターの先生が、楽しくレクチャー。専門学校でも指導歴あり

タカさんのフォトショ遊び講座
木村貴之 (Photoshop)

旭・成田・佐原・小見川・潮来・鹿島神宮・公津の杜

ブログ記事 ページ先頭へ