全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室東京 TOGAWA CREATION スクールブログ めんクラウド〜...

めんクラウド〜(あまり関係ないかもしれないタイトル)

クラウド化するとPhotoshopやIllustratorのモノ(DVD-ROM)が無くなります。
初めのうちは心配→不安となるのは当然のことです。
月額レンタル料金3,000円------モノが手元にないため所有欲が満たされないかもしれません。
しかし、モノの場合、購入してインストールした時点でアップグレードしなければならないので、結果的に、所有欲という感じが薄れて行きます。
何がそこで満たされるのか?やはりデザインした画像により満たされれば幸い。
いずれにしてもPhotoshopは業務用といっても差し支えないでしょう。
(月額3,000円を3年間支払うと、108,000円にもなるので)
したがってPhotoshopCS6以前を安価で入手できればラッキー!
デザインやゲーム企業では、古いバージョンのPhotoshopを使用しているのが現状、並のPC(OSのバージョンを確認)なら高速に動作するためまだまだ使えるからです。

クラウド用のバージョンはPhotoshop CCとなっており、CCとはクリエイティブ・クラウドという意味です。
アプリケーションソフトのダウンロード(インストール)は約10分。
解凍とインストールなどがタイムが短縮されますが、もちろんPCのメモリ容量に関係します。
(1ヶ月体験版で試してみるとわかります)

Photoshop CCは3D処理など機能が増えており、つまりPhotoshopの機能が成熟しているのでアップグレードに驚きの変化がありません。
ワープという変形機能がありますが、変形後に背景処理が大変なので僕は使いません(笑
http://www.youtube.com/watch?v=adsWJ9qQL6c
変形させると背景も一緒に曲がってしまうからです。
個人的に画像編集(写真)のみの使用なら、LightLoomが無難かもしれません。

現状ではクラウドでの映像編集はインフラ(通信環境)の問題から厳しい。
PCのメモリ容量も関係して「遅い〜」と思うはずです。

現在でも無料での画像編集ソフトがありますが、Photoshopほどの威力がありません。しかし、数年先にAdobe社なみに優れたソフトが無料で使えるようになるかもしれません。
つまりPhotoshopはITおよびデザイン関係者のブランドというだけなので、自営以外の一般の写真家やソフトでWEB制作をするユーザーにとって、高価なAdobeは必要ないものだからです。

では次回。

めんクラウド〜(あまり関係ないかもしれないタイトル)

(2014年2月26日(水) 15:37)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

日経新聞のマルチメディア部門で最優秀賞受賞!講師経験も豊富なので安心

ブログ記事 ページ先頭へ