全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室東京 TOGAWA CREATION スクールブログ クラウドコンピ...

クラウドコンピューティングうんぬん#2

いろんなコンピュータとネットワークの関係性といろんなデバイスとネットワークの関係性を解決するために、IT開発者はそんなデザインに四苦八苦してきました。
そのようなネットワークをつくれないものか?陸上より、空中では?宇宙では?
そんなデジタル空間のネーミングが「クラウド」というものです。
その技術はかなり前から考案され、個々で実用化されていましたが、それを一般的に知らしめ、一般的に実用化し、「クラウド」として位置づけたのがGoogle社と思われます(Gmailなどに始まり)。
正式には「クラウド・コンピューティング」となっています。
クラウドの目的はネットの技術を最大限に活かそうとするものです。
現在ではトレンド(現象)となり、ビジネスや教育や生活に欠かせないものになりつつあります(すでになっているかも?)。たとえば、Cyta.jpが「クラウド」を利用すると、会社内の事務処理だけでなく、人事管理も含め、ソフトウエアを設定しておくだけで仕事をさせることが可能になるだけでなく、また、ソフトウェアメーカーと連携し、PhotoshopやIllustratorなどのアプケーション・ソフトウエアを生徒や講師が自由に使えるようにし、デザインしたものを高速な演算処理(画像処理など)をクラウドで行い、そのデータを保持(バックアップ)または削除することが可能。さらに優秀な講師や生徒は即時にランキングアップ(苦笑。
日常、私たちはクラウドの機能を無意識に使っていますが、クラウドに依存し過ぎると、もしも停電になった場合、アホになりかねないので注意が必要です(笑
冗談(ホント)はともかく、クラウドが発達すれば、手元のデバイス(スマホ/iPad)は消費電力が低く押さえられようになるので、その恩恵は計り知れないものになって行くと考えられます。しかし、私たちがクラウドに頼り切ると生死に関わり、地域的な原発よりおっかないものになるかもしれません(汗
ちなみに僕はライターやマッチがないと火をおこせません。
農業(栽培&家畜)をやったことがありません。
ハムソーセージをつくれません。
百科事典が無いとどうしようもありません。
パソコン(ネットワーク)がないと仕事になりません。
スマホのバッテリーが切れたらどうしようもありません。
クラウドより身内や隣人を大切に・・・

話がややそれましたので元に戻すと・・・次回につづく。

クラウドコンピューティングうんぬん#2

(2014年2月17日(月) 15:44)

前の記事

次の記事

この記事を書いたコーチ

日経新聞のマルチメディア部門で最優秀賞受賞!講師経験も豊富なので安心

ブログ記事 ページ先頭へ