全国5万人が受講している「サイタ」

Photoshop講座/フォトショップスクール

Photoshop講座/フォトショップスクールを選ぶ

初回60分無料体験OK

まずは60分の体験レッスンからスタート。
無料で実際のレッスンを体感できます。

月々4,900円〜の低料金

先生ひとりじめの個人レッスンを、この価格でご提供。レッスンは全てプライベート形式の60分間です。

通わない月は0円

曜日と時間を選べるので、
無理なくマイペースに通えます。

詳しくはこちら

Web・デザインスクールPhotoshop教室東京 TOGAWA CREATION スクールブログ クラウドコンピ...

クラウドコンピューティングうんぬん#1

コンピュータ業界、言い換えればIT業界は素人にズルいと思いません?
訳のわからないことを後から後から。ああ〜、もうついていけない!!!
そうなんですズルいんです。そんなズルさはコンピュータを使っているうちにバレ始めます(永久保証など)。

Google社が発案されたとされる「クラウドコンピューティング」。略して「クラウド」。つまり「雲」のこと。直訳するとややこしくなってきます。
要するにアップルコンピュータのアップルと同じく、記号(記し)なんです。
もしくはブランド名(位置づけ)と思って差しつかえないと思います。

パソコンが安価(給料3ヶ月分位)になって発売された頃、パソコン屋さんがたくさんありましたが、その性能を体感しつくしてしまったユーザーは、数年前からハードウェアを通販で購入するようになってきています。そして最近ではソフトウェアはダウンロード、もしくはブラウザ上で使えるようになってきています。その結果、パソコン屋兼ソフト屋さんが徐々に消滅し、CD-ROMやDVD-ROMも無くなりつつあり、コンピュータ関連はますますリアルなもので無くなり、完璧にバーチャルリアリティーとなっています。バーチャルとは「仮想・虚像」を意味しますが、バーチャルにくっついているリアリティーという言葉がまたクセもので、日本語に訳することが困難なので、僕は「でもリアル」と翻訳して使っています。つまりアマゾンでショッピングすれば手元に商品が届けられる、という具合だからです。しかし運送会社の手違いで商品が届かない場合、ポストから盗まれることがあるため、「でもリアル」という範囲で考えています。しかし現実社会も何かと保障されていないので、「とりあえずリアル」の範囲といえます。

話がややそれましたので元に戻すと・・・次回につづく。

クラウドコンピューティングうんぬん#1

(2014年2月15日(土) 16:13)

次の記事

この記事を書いたコーチ

日経新聞のマルチメディア部門で最優秀賞受賞!講師経験も豊富なので安心

ブログ記事 ページ先頭へ